幸せについて考えてみた!

毎日の暮らしの中に「幸せ」はこんなにある!

みなさんにとって、幸せとは何ですか?

どんな時に幸せを感じますか?

私は、家族とゆっくり過ごすときに一番幸せを感じます。

・みんなで食卓を囲むこと。
・子どもたちと一緒に外を歩くこと。

詳しくはコチラ

これからの生き方を考える|私にとって「幸せ」とは?私は何に幸せを感じるのか?それをもとに、これからの生き方を考えます。...
これからの時間の使い方を考える|充実した毎日とは?自分にとって充実した毎日にするため、どのように時間を使ったらいいか考えます。...

どうしてそれを幸せに感じるようになったのか、いつからそう考えるようになったのか、はっきりとは分かりませんが、自分の生まれ育った環境、親から聞いたこと、テレビでみたこと、聞いたこと、本で読んだこと…

そのどれもが少しずつ今の自分に影響を与えているのだと思います。


今の私

私は今、心から幸せです。

なぜかというと、

・家族で食卓を囲む
・子どもたちと外を歩く

どちらも私にとって容易に実現可能だからです。

毎日ほぼ必ずその場面はあり、その度に幸せを感じることができます。

幸せって何だろう?

以前読んだ本田健さんの本に、こんな記述がありました。

私にとって幸せとは、「自分の置かれている状況に感謝できる心の状態」

今の私は
大切な家族がいる。
・住む家がある。
・食べ物にも困らない。
・家事や子育ての範囲内で好きなこともやれる。

何も不自由はありません。まさに感謝です。

でももし私が、立派な仕事、豪華な家、遠くへ旅行に行くことなどを求めていたら・・・きっと自分は幸せだとは言えないでしょう。

こんな風に、何を幸せと捉えるかによって、自分が幸せかどうかは変わってきます。


主人の話

先日、主人がふとこんなことを言っていました。

「ほんと幸せだよね~。食べたいもの食べれて、家族と一緒にいて。」(うんうん、私もそう思う♪)

でも、昔からそう思っていたわけではないそうです。

以前から家族でご飯を食べることは好きな時間ではあったけれど、それを「幸せ」だとは感じていなかったと。

事あるごとに私が「幸せ~」と言ったり、ブログでも頻繁に書いたりしていたら、主人もだんだんそんな気になっていくわけです(笑)

幸せは身近にある

私が伝えたいこと。

それは、幸せをもっともっとと外に求めるのではなく、もしかすると意識していないだけで、毎日の生活の中にたくさんあるかもしれないと考えてみることです。

早朝に起きて、一人だけで好きな飲み物を飲む。(幸せ~)
朝、子どもたちが起きてギューッとしにくる。(幸せ~)
バタバタだけど、何とか子どもたちを見送ることができた。(幸せ~)
掃除をして部屋がきれいになった。(幸せ~)
洗濯が終わった。(幸せ~)
家事の合間に一息ついてコーヒーを飲む。(幸せ~)
お昼に一人だけで好きなものを食べる。(幸せ~)
子どもたちが笑顔でただいま~。(幸せ~)
きょうだいで仲良くおやつを分けっこ。(幸せ~)
宿題の声掛け。(・・・)
子どもたちが夢中になってバッタを捕まえるのを見る。(幸せ~)
子どもたちとお風呂。(大変~)
パパが帰宅。(助かった~)
家族で夕食。(幸せ~)
布団の中でお話。(幸せ~)
8時半、よ~し寝るぞ~、明日も4時に起きるぞ~。(幸せ~)

こんな風に、一日の中で幸せを感じる瞬間はいくらでもあります。
先日見つけたアジサイ。
何ともいえない色にうっとり。
こんな花を見ても幸せを感じます。


友人のおかげで、自分の考えの幅が広がった話

以前、雰囲気が素敵な友人に、旦那さんにイラっとしたときどうしてる?と聞くと、「う~ん、あんまりないけど、どうしてもイラっとした時は洗面台をゴシゴシ磨く。そうしたらスッキリするかな~」と。

それまで、不機嫌になるか、訴えるくらいしか対処の仕方を知らなかった私には、あまりにも衝撃でした!!!

それ以来、『何か別のことをして気持ちを収める方法がある』ということが新たに私の中にインプットされました。

また片付け上手な別の友人に、プラレールの収納方法を聞くと、ダイソーの小さなボックス2つに収められた写真を送ってくれました。

実家でも主人の家でも、プラレールはどでかいプラスチックケースに、レールも車両も部品もどっさり入ったところしか見たこともない私は、思わず「え?それだけ?」と聞き返してしまいました(笑)

それ以来増やすのはやめましたが、特に困っていません。(わが子は熱狂的なプラレールファンではありません)

“どちらがいいか”ということではなく、“こんな方法もあるんだな”と新たな収納の方法を知ることができました。(皆さんも、本やブログを見て「こんなやり方もあるんだ~、今まで思いつかなかった~」と感じたことはありませんか?)

「幸せ」の定義を広げる

‟幸せ”の考え方も同じで、いろんな人の考えに触れたり話を聞いたりすることで、新しい見方ができるようになります。

決してそうしなければならないではなく、こういう考えもあるんだ~と考えの幅を広げることできます。

私が書いていることも、「ああこういうことに幸せを感じる人もいるんだ~」くらいで読んでもらえればと思います^^


おわりに

きっと、誰でも幸せな方がいい。

暮らしの中に既にある幸せに気づき、自分の「幸せ」の定義を広げる。

それによって、幸せを感じる瞬間が増えるかもしれません。

お読みいただきありがとうございました。

これからの生き方を考える|私にとって「幸せ」とは?私は何に幸せを感じるのか?それをもとに、これからの生き方を考えます。...
これからの時間の使い方を考える|充実した毎日とは?自分にとって充実した毎日にするため、どのように時間を使ったらいいか考えます。...

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
ABOUT ME
ミモザ
37歳主婦。3人の子ども(9.7.5)の母。転勤族の夫との5人暮らし。 22歳で小学校教師となり、担任として忙しくも充実した日々を送る。 約5年間働いた後、3人の育児休暇に入る。そこで思い通りにいかない子育ての壁にぶち当たる。生きてきた中で最も「自分の未熟さ」を知ることになる。 何年も満たされない日々だったが、家の片付けと読書を機に、『自分の人生は自分で変えられる!』と気づく。そこから毎日が変わっていった。 2018年3月に退職。
Instagram~日々のこと、想い~
日々の出来事や感じたことなどを、写真とともに毎日綴っています。
魚好きの夫が週末に魚料理を作るので、私はいつからか平日の魚料理といえば「サバかシャケをグリルで焼く」ということしかしなくなりました。
#二年生の長男 、少し前からなぜか靴下を片方だけ脱ぐという…もちろん脱いだ靴下はその辺りに放置です。たまたまかと思いきや、毎日のようにやってるので、本人なりに心地よいのでしょう。
家族でちょっとそこまで。#年長の次男 は本当に草花が好きで、今日は「色水の花だ〜」といいながら#ツユクサ を採っていました。昨年一緒に道を歩いている時にツユクサを採り、家で色水を作ったことをよく覚えてくれているようで嬉しいです。考えてみると、次男とは2歳前から長男の幼稚園バスを見送ったあと毎日のように散歩をしていました(当時のブログにもよく書いていた気がします)。次男が草花好きなのは多少はその影響もあると思います。そう思うと、子育てが大変な中でも、親が好きなことや大切にしてることって子どもにちゃ〜んと伝わってるんだなぁと思います。
魚釣りの途中、子どもたち三人は砂浜へ。遠目では何かやってるな〜とは思っていたものの、まさかこんなことをしていたなんて!キャンプ場らしいです。楽しいよね☆あんなに大変だった子育ても、子どもたちだけで遊ぶようになりだいぶラクになりました。今思うとあっという間だったけれど、やっぱりいろんなことがあって、一日一日が必死で、その積み重ねで今があるんだなーと思います。#三人子育て #子どもの成長 #子育ては一日にしてならず
#ベランダ菜園 のミニトマト、初収穫の実(娘の苗に実ったもの)!娘曰く、皮が薄くて甘いそう!よかったね!二つ目は、おとうと二人に半分こして食べさせていました☆(毎日のようにけんかしていますが、す?こういう姿を見るとほっこりします☺️)
昨日、幼稚園から帰ってきた次男は、バスから降りてくるなりバックの中の手作りの封筒を出してきました。「何が入ってるの〜?」と聞くと、何と中身は虫でした!!(てんとう虫くらいの大きさの茶色い虫。カナブンの仲間?図鑑で調べてみたけれど分からず)家の中に持って帰るというので、それは全力で阻止しました。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です