お金

久しぶりにアイシャドウを買いました!私がコレを選んだ5つの理由

アイシャドウが欲しい!

1か月ほど前から、ふつふつとその想いが沸き上がってきました。

〇もともと化粧にそこまで興味がない。
雑誌を見ても、そのページはサーっと目を通して終わる程度。
料理本(特に栗原はるみさんの本)は、隅から隅まで読むのですが…
小学6年生の修学旅行の時、夜みんなで「テレビのチャンネル何にする?」と言っている中、私は一人「(NHKの)『きょうの料理』がいい!」と真剣に訴え…。誰も興味を示さないことから、どうしてこんなに面白い番組をみんな見ないのだろう?と不思議だったことを覚えています(笑)

〇今は毎日家にいることがほとんど。
前はせっせと化粧をしていたのですが、ある日私は何のために化粧をしているんだろう?と考えるように(日中会うのは、同じように子どもがいる社宅の人がほとんど)。ここ数年、普段は、最低限のメイク(日焼け止め、眉毛、チーク、リップ)のみに。

それらの理由から、ここ数年はアイシャドウを使っていませんでした。

といっても、女子であることを忘れてたわけではありません(笑)

春だからなのか、
四月から約8年ぶりに平日フリーになるからなのか、

お出かけの際に、目元をキラキラさせたい!
と思ったのです(笑)

先日(3月10日)教え子に会いに行く前に百貨店に寄り、買ってきました!

私が選んだ理由をお伝えします。

理由その1.使う度に気分よく!

アイシャドウは、近くのドラッグストアで買うこともできますし、もしかしたら中身はそこまで変わらないのかもしれません。

でも。

使うたびに気分がよくなるというのは、私にとって大切なことです。

ただ作業として瞼にアイシャドウを付けるのではなく、ワクワクしながらつけたかった!

せっかくならば百貨店で店員さんと会話しながら買ったという思い出と、素敵なパッケージを開く喜びを、毎回感じたい!と思いました。
眉書きやマスカラはドラッグストアで買っています!(笑)

買ったのはこれ。

特にどこのものがほしい、というのはありませんでした。

たまたま一番最初に足を止めたのが、このお店だったという単純な理由(笑)

理由その2.自分の能力に合っている!

はじめに見つけたのは、十色ほど入ったパレット状のものでした。お値段も7000円程。

さすが百貨店価格!やっぱり間違ったかな?と思いましたが…

店員さんが来てくれて、話を聞くことに。

そして、単色もあることを教えてくれました。
おお、それ!それを待っていました!

能力の高くない私に、何色のもアイシャドウなんて、どう考えても使いこなせません!
片付けは、よい意味で、自分の能力を知ることができます。自分に扱えるか、扱えないか。

私が購入したもの。
キラキラしたのがいいです!と言うと(笑)これをすすめてくれました。

理由その3.使い切れる自信がある!

単色なので。
私がアイシャドウを使う=これを目元に付けるだけ!

また、色もブラウン。
自然と顔に馴染みます。

持っているアイシャドウは、これ一つ。
迷う余地なし!

これなら使い切れる!と絶対の自信がありました!

そもそも、自分に合う化粧品って、きっとそんなに多くない。

以前、化粧品の会社に勤めていた友人が、「口紅はもう10年以上同じものを使っている」と言っていました。聞いた時は驚きでしたが、そうなのかもしれません。

理由その4.収納簡単!

コンパクトなので、収納も簡単。ただ置くだけです。

これには、専用の布の袋がついていましたが、即捨てました!

毎回使い終わったたびに袋に入れて…今の自分にはできません。

現在の洗面台の鏡裏の収納。

ここに置いています。

帰省や旅行の際に使うポーチにも、問題なく入ります。

片付けを通して、家に帰ってからのことも考えて買い物をするようになりました。

モノに振り回される暮らしは、もう懲り懲りです。

理由その5.店員さんが親切だった!

買い物をするときは、その道のプロに力を借りることが賢い選択なのだと考えるようになりました。

私の「たくさんの色は使いこなせない」という要望に、単色を勧めてくれ、塗り方も教えてくれて。
しっかりつけたい時は指がいいですよ~と。つける時は毎回そうしています(笑)

グロスも進めてもらいましたが、それはお断りして。

気持ちよく買い物できました!
私たちは、モノだけでなく、サービスにもお金を払っています。

おわりに

これを買って2週間。

やっぱり買ってよかった!使うたびにワクワクします♪
やっぱり女子なんだなと(笑)

毎日つけるわけでないので、この量でも、使い切るにはかなりの日数を要すると思いますが、

ABOUT ME
ミモザ
35歳主婦。3人の子ども(7.5.3)の母。転勤族の夫との5人暮らし。 22歳で小学校教師となり、担任として忙しくも充実した日々を送る。 約5年間働いた後、3人の育児休暇に入る。そこで思い通りにいかない子育ての壁にぶち当たる。生きてきた中で最も「自分の未熟さ」を知ることになる。 何年も満たされない日々だったが、家の片付けと読書を機に、『自分の人生は自分で変えられる!』と気づく。そこから毎日が変わっていった。 2018年3月に退職。

POSTED COMMENT

  1. ミモザ より:

    さとりんさん、ありがとうございます☆
    女子はやっぱり化粧品はワクワクしますね^^
    うまくメリハリをつけてお金を使っていきたいです!

  2. さとりん より:

    ミモザさん、
    8年ぶりの平日フリーなんですね!!!
    本当にお疲れ様です!!!
    それにお化粧品の選び方の中にも
    ミモザさんらしさが
    とても素敵です!!
    ワクワクする、って
    とっても大事だなって思いました^^

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です