お金

久しぶりにアイシャドウを買いました!私がコレを選んだ5つの理由

アイシャドウが欲しい!

1か月ほど前から、ふつふつとその想いが沸き上がってきました。

〇もともと化粧にそこまで興味がない。
雑誌を見ても、そのページはサーっと目を通して終わる程度。
料理本(特に栗原はるみさんの本)は、隅から隅まで読むのですが…
小学6年生の修学旅行の時、夜みんなで「テレビのチャンネル何にする?」と言っている中、私は一人「(NHKの)『きょうの料理』がいい!」と真剣に訴え…。誰も興味を示さないことから、どうしてこんなに面白い番組をみんな見ないのだろう?と不思議だったことを覚えています(笑)

〇今は毎日家にいることがほとんど。
前はせっせと化粧をしていたのですが、ある日私は何のために化粧をしているんだろう?と考えるように(日中会うのは、同じように子どもがいる社宅の人がほとんど)。ここ数年、普段は、最低限のメイク(日焼け止め、眉毛、チーク、リップ)のみに。

それらの理由から、ここ数年はアイシャドウを使っていませんでした。

といっても、女子であることを忘れてたわけではありません(笑)

春だからなのか、
四月から約8年ぶりに平日フリーになるからなのか、

お出かけの際に、目元をキラキラさせたい!
と思ったのです(笑)

先日(3月10日)教え子に会いに行く前に百貨店に寄り、買ってきました!

私が選んだ理由をお伝えします。


理由その1.使う度に気分よく!

アイシャドウは、近くのドラッグストアで買うこともできますし、もしかしたら中身はそこまで変わらないのかもしれません。

でも。

使うたびに気分がよくなるというのは、私にとって大切なことです。

ただ作業として瞼にアイシャドウを付けるのではなく、ワクワクしながらつけたかった!

せっかくならば百貨店で店員さんと会話しながら買ったという思い出と、素敵なパッケージを開く喜びを、毎回感じたい!と思いました。
眉書きやマスカラはドラッグストアで買っています!(笑)

買ったのはこれ。

特にどこのものがほしい、というのはありませんでした。

たまたま一番最初に足を止めたのが、このお店だったという単純な理由(笑)

理由その2.自分の能力に合っている!

はじめに見つけたのは、十色ほど入ったパレット状のものでした。お値段も7000円程。

さすが百貨店価格!やっぱり間違ったかな?と思いましたが…

店員さんが来てくれて、話を聞くことに。

そして、単色もあることを教えてくれました。
おお、それ!それを待っていました!

能力の高くない私に、何色のもアイシャドウなんて、どう考えても使いこなせません!
片付けは、よい意味で、自分の能力を知ることができます。自分に扱えるか、扱えないか。

私が購入したもの。
キラキラしたのがいいです!と言うと(笑)これをすすめてくれました。

理由その3.使い切れる自信がある!

単色なので。
私がアイシャドウを使う=これを目元に付けるだけ!

また、色もブラウン。
自然と顔に馴染みます。

持っているアイシャドウは、これ一つ。
迷う余地なし!

これなら使い切れる!と絶対の自信がありました!

そもそも、自分に合う化粧品って、きっとそんなに多くない。

以前、化粧品の会社に勤めていた友人が、「口紅はもう10年以上同じものを使っている」と言っていました。聞いた時は驚きでしたが、そうなのかもしれません。

理由その4.収納簡単!

コンパクトなので、収納も簡単。ただ置くだけです。

これには、専用の布の袋がついていましたが、即捨てました!

毎回使い終わったたびに袋に入れて…今の自分にはできません。

現在の洗面台の鏡裏の収納。

ここに置いています。

帰省や旅行の際に使うポーチにも、問題なく入ります。

片付けを通して、家に帰ってからのことも考えて買い物をするようになりました。

モノに振り回される暮らしは、もう懲り懲りです。

理由その5.店員さんが親切だった!

買い物をするときは、その道のプロに力を借りることが賢い選択なのだと考えるようになりました。

私の「たくさんの色は使いこなせない」という要望に、単色を勧めてくれ、塗り方も教えてくれて。
しっかりつけたい時は指がいいですよ~と。つける時は毎回そうしています(笑)

グロスも進めてもらいましたが、それはお断りして。

気持ちよく買い物できました!
私たちは、モノだけでなく、サービスにもお金を払っています。

おわりに

これを買って2週間。

やっぱり買ってよかった!使うたびにワクワクします♪
やっぱり女子なんだなと(笑)

毎日つけるわけでないので、この量でも、使い切るにはかなりの日数を要すると思いますが、

ABOUT ME
ミモザ
35歳主婦。3人の子ども(7.5.3)の母。転勤族の夫との5人暮らし。 22歳で小学校教師となり、担任として忙しくも充実した日々を送る。 約5年間働いた後、3人の育児休暇に入る。そこで思い通りにいかない子育ての壁にぶち当たる。生きてきた中で最も「自分の未熟さ」を知ることになる。 何年も満たされない日々だったが、家の片付けと読書を機に、『自分の人生は自分で変えられる!』と気づく。そこから毎日が変わっていった。 2018年3月に退職。
Instagram~日々のこと、想い~
日々の出来事や感じたことなどを、写真とともに毎日綴っています。
新しい社宅に入居早々、トイレの水が止まらないことが続き対応をお願いしました(知り合いに聞いてどうにか自力で解決するも、その後何度も同じ症状が)😭※タンク内の異常。初めは部品の交換と言われていましたが、特殊なものなのか?日数もかかるようで、結局本体ごと全て変えることに。新品になったのは嬉しい!キレイに使っていこうと思います。
完成形ではないですが、洗面所が何とか落ち着きましました(前の社宅で使っていて、今回の社宅では使わないカーテンの洗濯物がいっぱい笑)。前の社宅も洗面所が狭いなーと思っていましたが、今回の社宅はさらに狭い!(一部屋一部屋は今の方が広いと思う)試行錯誤しながらようやくここまで。その最中のカオスっぷりといったら大変でした😓こうやって、一つ一つ整えていくしかないなーと思います。
パンが食べたいけれど、まだお店を探す余裕がありません。ですが少し前、混ぜるだけのパンを知り、毎日のように作っていました。自分で作れてよかったなーと心から思いました。
三人とも、転校転園を全く嫌がらずに通っています。長女や長男は発表ももう何度もしたのだとか。折り紙やトランプもクラスの子と楽しんだそう。次男も「たのしかった〜」と帰ってきました。バスにも自分から乗って行きます。本当にすごいなー思います。部屋はまだまだ改善すること多しで、買い物するところもまだ定まっていませんが、子どもたちがスムーズにスタートを切れたことは何よりです。
4月7日、小学校の始業式&お昼から幼稚園の始園式(親も参加)。初日だったので子どもたちを小学校の門まで迎えに行き、帰ってそのまま車に乗って幼稚園へ(上の子たちには簡単におにぎりを作って)。明らかに間に合わなそうだったので、園には「遅れます」と伝えておきました。無理せず、なるべく子どもたちの気持ちに寄り添いたいなぁって。三人とも「ドキドキした〜」とか「恥ずかしかった〜」などと言っていましたが、相変わらず元気にしています☺️長女は2日目から早速同じ社宅の四年生の女の子2人と登校していて、学校でも何人かの子たちと話したそうです。長男は学校で(鬼滅の刃の絵を描いていたら)「絵上手いね〜」と言われて嬉しかったよう。マイクラの話もしたのだとか☺️次男は、入園式のために1日お休み&午前保育のためまだそんなに幼稚園で過ごしてはいませんが、いい顔をして帰ってきました☺️(始園式の日はさすがに緊張している様子で、いつもはあんなにやんちゃな次男が少し強ばった表情で姿勢よく座っていたので、頑張ってるんだ〜と親の私が泣きそうでした😭名前を呼ばれたときの返事はとても大きかったです😆)三人とも騒がしいし、激しく散らかしてくれますが…新しい環境にも動じずやってくれていることは、とても頼もしく思います。これまで本当に子育て大変だったし、長女が一年生のときに「学校行きたくない」と言っていたときはとてもきつかったけれど、あのときの経験は無駄じゃなかったんだなーと思います。引越し作業、手続き、準備物、書類(まだ終わってない)‥怒涛の一週間でしたが、子どもたち三人が(今のところ?)よいスタートが切れたことは何よりです。
昨日、小学校へ手続きに行ってきました。いよいよ明日から!子どもたちは全く緊張してません笑(すごいな〜!)同じ社宅の人が一緒に行きませんか?と誘ってくれました。ありがたや😭今回はかなり大きい社宅であまり交流がないと聞いていましたが、みなさん優しく親切で、慣れない中とてもありがたいです。また、本日幼稚園へ持ち物等の確認に行きましたが、これまでのもので使えるものがある一方、新しく買ったり縫ったりするものもあり、買い物する場所もよく分からない中気が重いです😭こういう準備と並行しながら、普段の生活もあるわけで、落ち着くまでは大変そうです。
5年3ヶ月住んだ社宅。本当にたくさんの思い出ができました。特に仲のよかった社宅の友人たちが、引越し作業の間子どもたちを預かってくれたりご飯を食べさせてくれたり、掃除を手伝いにきてくれたり、車の中でお昼が食べられるようパンとコーヒーを用意してくれたり、本当に感謝感謝です😭素敵な仲間とともに子育てが出来たこと、本当に本当に幸せに思います。辛いことも悲しいこともあったけれど、今はよかったなと思います。次の社宅はだいぶ都会で遊び場もなく、交流もあまりないそう。不安もありますが、この思いを胸に、次の社宅でも頑張ります!この地で出会った人々、風土、みんなに感謝です✨ありがとうございました。

POSTED COMMENT

  1. ミモザ より:

    さとりんさん、ありがとうございます☆
    女子はやっぱり化粧品はワクワクしますね^^
    うまくメリハリをつけてお金を使っていきたいです!

  2. さとりん より:

    ミモザさん、
    8年ぶりの平日フリーなんですね!!!
    本当にお疲れ様です!!!
    それにお化粧品の選び方の中にも
    ミモザさんらしさが
    とても素敵です!!
    ワクワクする、って
    とっても大事だなって思いました^^

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です