常備菜を作る。

ズボラな私にそんなことは続きません。

でも、少しの手間で後がとてもラクになることであれば、やります!!

今日は、冬の今、料理において私が毎週のようにやっている2つのことについてお伝えします。





1.ほうれん草を2束一気に蒸す

冬が旬のほうれん草。

毎週2束買ってきて、月曜日に蒸します。
※私はビタクラフトの鍋で無水調理しています。なければ茹でても。

関連記事:


ほうれん草は繊維が柔らかく、子どもも食べやすい野菜です。しかも緑黄色野菜で栄養たっぷり!

3人共好んで食べるので、あれこれいろんな野菜を食べなくても、これでいいじゃん!と思うようになりました。


一束蒸すのも二束蒸すのも、手間はそこまで変わりません。

そもそも私が好きな作業ではありません。

ならば一気にやろう!と思ったのが始まりです。




ほうれん草の蒸し方

①ほうれん草2束の根元部分を切り落とし、水でよく洗う。

泥や汚れを落とします。

根元近く(ピンクの部分)も栄養があると聞き、以前は丁寧に洗っていましたが、面倒なので今は切り落としています。

その分たくさん食べます!




②鍋に、洗ったほうれん草を入れる。

2束分全て鍋に入れます。
IMG_8585
こんもり。かなりのボリューム!
道の駅の野菜はどれも量が多い!
これで160円(80円×2束)


むぎゅーっと押して
IMG_8586
これでも収まりきれません(汗)



蓋も…
IMG_8588
完全に閉まりません(汗)
でも大丈夫!



③鍋を火にかける

数分間火にかけます。
(加熱時間は日ごろの勘です。たまに中の様子を見て。)
IMG_8589
途中ほうれん草がしんなりなりして、蓋が閉まります。


蒸しあがるとこんな感じに。
IMG_8590
子どもが食べやすいよう柔らかめ。
葉についた水分だけで蒸しあがります。
湯を沸かす必要がないので非常にラク。




④水で洗う。

シュウ酸があるので、水で数回洗います。




蒸した当日の食べ方

蒸した当日は、切ってそのままポン酢をかけて食べます。

FullSizeRender
毎週月曜日は必ずこれ。
決まっていると献立に迷わずラク。


子どもたちもみんな、1歳のころからこんなふうに食べているので大好きです。
食べ方もきっと習慣ですね。




蒸した翌日の食べ方

翌日もまた同じようにポン酢で食べることもありますが、少し変えて胡麻和えにすることが多いです。

混ぜるだけで完成します!


胡麻・砂糖・しょうゆを入れて
FullSizeRender
これでもかというくらい胡麻をたっぷり入れるのがポイント。


混ぜます。
FullSizeRender
あっという間に完成!
これも前日に取り置いたほうれん草があったからこそ。


ほうれん草を蒸すところからやっていたら、こんな簡単にはできません。





2.ブロッコリーを1株蒸す。

ブロッコリーも子どもたちが大好きで、週末の買い出しで必ず1株買います。
道の駅のブロッコリーは1株が大きい!最近は120円程で手に入ります。

栄養価も高く、抗がん作用もあるとか。

水曜か木曜に調理することが多いです。
本当はもっと新鮮なうちに食べたほうがよいのでしょうが、道の駅の野菜は朝採れのものが多く、それでも十分美味しいです!
週半ばに子連れで買い物にいくことを考えると…これがベストです!




ブロッコリーの蒸し方


①ブロッコリーを子房に切り分け、水で洗う。


②鍋に少量の水を入れて蓋をする。

ブロッコリーの場合は少し水を入れます。
IMG_8088
水、分かりますか?
※ブロッコリーは茹でると栄養が流れ出るそうです。そのため蒸すのがよいそう。


蓋をして
IMG_8589
準備完了
※無水調理ができる鍋がなくても、フライパンと蓋で同様にできます!



③数分間火にかける。
IMG_8089
ほうれん草より加熱時間は長め。
柔らかくなったら出来上がり。


茹でるのと違って、蒸すとビックリするくらい味が濃いです!




蒸した当日の食べ方

当日はそのまま何もかけずに食べたり、ごまだれやマヨネーズをかけて食べたりします。
FullSizeRender

ごまだれをかけて。




蒸した翌日の食べ方

翌日は油で炒めて、塩コショウで食べることが多いです。
FullSizeRender
これは弁当用。
炒めるだけなので簡単です!


子どもたちはこの食べ方が一番好きです!
あっという間になくなります。






他にもあります!自分をラクにするためにやっていること

他にも、一年を通して日頃からやっていることがあります。


私が一日の中でしっかり料理をするのは

・夕食を作る時

・弁当を作る時


です。

キッチンに道具や材料を出し、まな板を洗う…そんな作業はなるべく最小限に済ませたい。

2つの時間に、やれることはまとめてやるようにしています。




晩ご飯を少し多めに作る

〇お味噌汁を多めに作っておく

翌朝温めるだけでお味噌汁を飲むことができます。


〇煮物を多めに作っておく

お弁当に入れたり、お昼ご飯にもなります。



たまにこんなことも。

大根のそぼろ煮(しょうが・オイスターソースを加えた中華風の煮物)
IMG_8221
これ。片栗粉でとろみをつけて。


多めに作っておいて、翌日はご飯にかけて食べました!

ご飯がぺろりと食べられ、あったかくて美味しかったです^^


食べることが分かっていれば、多めに作っておくと後がラクです。




お弁当を多めに作る

お弁当のおかずを「朝食時のおかず」として食べることはよくありますが、たまにこんなことも。


白身魚のフライ(生協の冷凍品)を多めに揚げておいて…
IMG_8581
お昼はフィッシュバーガーに!
パンにはクリームチーズをたっぷり塗って、レタス、魚のフライ、マヨネーズを挟んで。



お昼に、このためだけに揚げ物をするのは億劫ですが、お弁当のついでに一切れ揚げることは簡単です。
一切れも二切れも、揚げる手間は変わらない。





おわりに。

今日は、ズボラな私が敢えて取る手間についてお伝えしました。

私が手間を取るのは、後のゆとりが明らかに大きい時です。
( 今取る手間 < 後のゆとり )

そういった意味で、常備菜を何品も作って…というのは私にはハードルが高すぎます。


「料理は連続」という考えを持ち、やれることはついでにやっておく。

そんなゆるい姿勢です。


後のことを考えて少しだけ手間を取ることは、自分への優しさ、「自分を大切にすること」に繋がっているのかもしれません^^





今日登場したお鍋はこれです。



ほうれん草やブロッコリーを蒸すとき、家族5人の煮物を作る時、私の毎日の食事作りになくてはならないお鍋です。

浅いので、煮魚にもピッタリ。

週末鍋をするときもこれで、かなり出番の多いお鍋です♪







こちらもどうぞ:










お読みいただきありがとうございました。

にほんブログ村