・教師として多くの子どもたちと関わる。

・実際に三人の子どもを育てる。


そんな経験を通して私が思うことは

大人や親が子どもたちに教えられることってそんなに多くない!

ということ。


それよりも

子どもたちが自ら気づくために、環境を整えたり、声掛けをすることが大切!

そう感じています。


今日は、「子どもたちのために親や大人ができること」について書いてみたいと思います。


FullSizeRender
子どもたちは、それだけでキラキラと輝いている。
なるべくそれを失いたくない!






小学四年生の担任をしていた頃、帰りの会で。

‟モヤモヤした気持ちは解決して帰ってほしい”

そんな気持ちから、帰りの会に『みんなに伝えたいこと』という項目を作っていました。

どうしても言いたいことがある場合は、みんなに問いかけます。


ある日、一人の男の子が、昼休みのボールの片付けをめぐって、

どうしてボールを置き去りにしたのか?

といった内容をを発言しました。
確か男の子3人で遊んでいたと思います。その3人は誰もボールを持ち帰らなかった。
詳細は覚えていませんが、ちゃんと3人で決めていた、ということだったと思います。


結局、隣のクラスの男の子が、落ちているボールを見つけて教室まで持ってきてくれたのだそうです。


平行線のまま話が続いていたとき、このままじゃ嫌だな~(嫌な雰囲気だな~)と思い

「じゃあさ、今回のことで、いいところはなかった?」と問いかけました。

すると誰かが「隣のクラスの子が拾って持ってきてくれた!」と。


私も頷き、
「確かに自分たちで持ち帰らなかったことはいいことではないけれど、その子が持ってきてくれたから今ちゃんとボールは教室にあるよね!」と。

他のクラスの人の優しさにも目を向けてほしかった。


頷いてくれる子どもたちもいて。


険悪なムードのまま子どもたちを帰さずにすみました^^


それには続きがあって、
数日後、クラスのある女の子のお母さんと話をしたとき、
子どもがその帰りの会でのやり取りの一部始終を家で話していたことが分かったんです!

素敵なやり取りですね、と。

まさかそんな些細な出来事を、子どもが家で話していたなんて…

ああちゃんと子どもたちにも響くんだな~と感じました。


私はただ、子どもたちが目を向けていないことについて、問いかけただけです。

そんな「気づき」さえ与えれば、子どもたちは自ら解決していく力を持っている!


そう感じました。


FullSizeRender
当時担任していた四年生のクラス。
子育てで自分の未熟さを感じ、私は何をやってきたんだ…と恥ずかしく思うこともありましたが、
やっぱりたくさんのことを学んできました。






先日、子どもたちとお風呂に入りながら。

二週間前のこと。

主人は月曜日が飲み会で、火曜日も急遽飲み会になりました。
前は頻繁に飲み会に行っていた主人も、今は自分の判断で大切!と思うものにしか行きません。大事な小遣いもかかってるもんね(笑)飲み会に散在するより釣り具に使いたいよう(笑)

急遽後輩が熱を出したため、代わりに行くと。
子育て真っ最中で大変ではあるけれど、仕事での「どうしようもないとき」も理解できます。こっちは大変にはなるけれど、そう自分に言い聞かせます(笑)自分たちだって、人に助けてもらうことは、これまでもこれからもある!


夕方、子どもたちとお風呂にはいっているとき「今日パパ早く帰ってくる~?」と聞かれ、

「飲み会」と答えると

「え~!」と。
私もそう叫びたいときもある(笑)


でもここはよい母親を演じて(笑)

「今日はね、同じお仕事の人が急にお熱になっちゃったから、その人の代わりに飲み会にいくんだよ!」と伝えました。

そして「そんなパパをどう思う?」と聞くと、

子どもたちは「いい!(かっこいい!)」と(笑)


子どもたちと一緒になって文句を言うこともできるけど、パパの頑張りも伝えたい!

親が少し気づきを与えることで、見え方は全然違ってくる!と感じました。
夫よ、逆の立場になったときはよろしく!(笑)






おわりに。教育は時間がかかる!

「〇〇は、~だ!」

子どもと関わる際、そんな風に教え込む方が、その場は手っ取り早くすみます。


大人が気づきを与えて
子どもが自分で考えて…


とても時間のかかることです。


でも、子どもたちが自ら考え、自分で獲得した価値観は、着実にその子の力となります。

私たち大人は、子どもたちが‟いろんな角度から”ものを見れるよう、ほんの少し気づきを与えるだけ!



私たち大人は、子どもたちに、
上部だけの成長よりも、心からの成長を望んでいるはず。


教育には時間がかかる!

そのことを肝に銘じておかなければなりません。






こちらもどうぞ:








お読みいただきありがとうございました。

にほんブログ村
↑いつも誰かのクリック、ありがとうございます♪