前回、という記事を書きました。


4月。娘は学校に行くのが不安で、なかなか子どもたちだけで登校することができませんでした。靴箱までついていっても泣く…。当時の私にとって一番の悩みでした。

昨日。娘は一人で登校することが不安で、初めは私と離れようとしませんでした。でも私の悩みにはならなかった。


その違いは一体どこにあるのでしょうか。



FullSizeRender
昨日見つけたヒガンバナ。
毎年この時期になると一斉に咲き出し、また一年経ったんだなと感じます。





‟4月”と‟今”の違い

4月と今、状況は似ています。どちらも娘が不安がっている。

では何が違うかというと『私の考え方・心構え』です。


4月の私:娘が学校へ行けないこと、不安がっていることに対して「何で行けないの?」
娘が不安がっている状況そのものを受け入れられない。

今の私:娘が学校へ行くことを不安がっていることに対して「そういう現実があるのみ!」
目の前の現実をそのまま受け入れ、その上で自分ができることを考えている。


現実に起こったことへの捉え方が、前と今とでは全く違います。





悩みの原因

そう考えると、以前の悩みは私自身が作り出したものでした。

「元気に学校へ行ってほしい。」

「小学生は子どもだけで歩いて学校へ行くもの。」

そういう私の期待・理想があったからこそ、それとは違う状況を受け入れられなかった。


悩みの原因は、私が目の前の現実をそのまま受け入れられないことにありました。

私は、現実を見ているようで、実は自分の期待・理想という色眼鏡で娘を見ていたのです。





友人との忘れられない会話

昨年、娘と同級生の子をもつ友人との会話で、印象的だったことがあります。当時子どもたちは年長でどちらも女の子。

友人いわく「もうね、(娘は)参観に行っても手振らないよ~。終わっても全くしゃべらないし。先日パパ(友人の旦那さん)が参観に行ったとき、(わが子のそんな様子を見て)びっくりしてた~」と。


私はそれを聞いたとき「(もし娘が同じことしたら)私だったらショックだけど、〇〇ちゃんはそうじゃないの?」と聞きました。

すると友人は「これも成長かな~と思って」と。


友人は子どもを丸ごと受け入れているのに対し、私は自分の理想を娘に求めていた


同じ現実であっても、人によって『ただの現実』にもなるし、『悩みの原因』にもなるのです。





おわりに

悩みの原因は、目の前の現実をありのまま受け入れられないことにあります。

現実を全てありのままに受け入れられたら、起こることはもはや『悩み』ではなくなります。


でも、だからといってすぐに理想や期待を取り除き、現実を丸ごと受け入れられるかといえばそうではありません。なりたい自分と現実の自分との間に必ず葛藤があります。

それが人間の面白いところでもあります。


でもやっぱり悩みは少ない方がいい。


・こうあるべきという自分の期待を押し付けていないか?

・こうあってほしいという自分の理想が強すぎないか?


自分を客観的に見れるようになると、少しずつ、少しずつ悩みが少なくなります。






こちらもどうぞ:









昨日学校から帰ってきた娘に、朝どうだった?と聞くと、「うーん、まあまあ。」と(笑)

「怖かった」とも。


あんなに元気いっぱいに見えたのに、心の中ではまだ娘なりに葛藤していたんですね。

今朝は「一人じゃなくてよかった~」と学校へ行きました^^






お読みいただきありがとうございました

にほんブログ村