愛用品

有元葉子さんの『光るサラダ』は、おうちのサラダに革命が起こります!

皆さんは、サラダはお好きですか?

私はレストラン等で食べる、"パリッとした野菜にドレッシングが絡んだサラダ"は美味しい!と感じます。

ですが、野菜にただドレッシングをかけただけのものはそこまで好みではありません。

そのため、わが家の食卓にサラダが上ることはあまりありませんでした(子どもがあまり好んで食べないと言うのも理由の1つです)。

ところが、有元葉子さんの『光るサラダ』に出会ったおかげで、わが家のサラダに革命が起こりました!

レストランで食べるようなあのサラダが、家でも再現できるのです!

そんな、おうちのサラダが、ワンランクもツーランクもアップする、有元葉子さんの本をご紹介します。


サラダをおいしくするポイントがぎっしり!

この本では、私が好きなサラダ、よく作っているサラダをご紹介します。大事なのは調味料の割合よりも、「どんなおいしさを目指すか」です。季節を味わうのか、目を喜ばせるのか、どんな料理に合わせるのか…。私なりに、サラダ作りのルールみたいなものがあるようです。皆さんのヒントになれば幸いです。
毎日の、サラダが食卓で光りますように。

この本には、ただ単にレシピが載っているのではなく、サラダ上手になるためのヒントが26紹介されています。

例えば、

1.まずは野菜がピンピンしていること。"養生"がものすごく大事です。

2.葉っぱのサラダを上手に作るにはまず養生&ドレッシングの塩梅

本の通りにやってみると、本当に美味しくできます!

「美味しくな~れ」とサニーレタスと柿を和える私(笑)

基本的に、オリーブオイル・酢・コショウ・塩で味付けします(本には、ワインビネガーが出てきますが、常備していないので。もちろん酢でもよいと書かれています♪)
。家にあるもので作れるのが嬉しいところ。

他にも、

8.ご飯に合うのはしょうゆ味ばかりではない。ごま塩を覚えておくと便利

春菊をごま塩で。

ごま塩なんて初めて!簡単なのに新鮮です!

12.レモンがあれば魚介のサラダが食べられる。柑橘と魚介の組み合わせはおしゃれです

鯛のお刺身とサニーレタスのサラダ。柑橘系の汁につけただけでお刺身が白くなるんです!

以前、お刺身をそのままサラダに入れたことがあるのですが、何とも味気なくて…。

本のヒントを参考にすると、とっても美味しくできました!お刺身の新しい食べ方を知れて嬉しいです。

 

どのポイントも決して難しくないのに、やるのとやらないのとでは大違い。

私は、最初から最後まで「へ~!」「なるほど~!」の連続でした。

写真が美しい!

どの写真も、とても料理が美味しそうで、美しいです。

まだ結婚する前、カメラ好きでセンスのいい友人がわが家に遊びに来ていた時のこと。家にあった『haru_mi』(栗原はるみさんの雑誌)を見て、「(はるみさんの本って)写真がきれいだよね」と言っていました。

私はそれまで、そういった観点で料理の本を見たことはありませんでした。
「美味しそう」という目線でしか見ていなかった。

確かに、同じ料理でも、写真の撮り方一つで読み手の印象は変わります。写真の印象は大きく、写真がキレイだとずっとその本を見ていたい!と思いますし、作ろう!という意欲もかき立てられます。

その点、この『光るサラダ』は、何度も読みたい!というくらい、写真(本全体)がキレイです。
ずっと大切にもっておきたい、と思う本も、「美しい」と感じるものです。


わが家の食卓に変化が!サラダをたくさん作るようになりました!

この本に出会ったおかげで、わが家の食卓に変化が起こりました!

"サラダ"を頻繁に作って食べるように。

これまでも、野菜は好きで、煮物だったり焼いたりして、普段からたくさん食べていました。

ですが、考えてみると、"サラダ"こそ野菜をシンプルにいただく料理では!?

野菜の新たな楽しみ方を知れて、食卓が豊かになりました。

図書館で借りた後、もっと読みたい!もっと勉強したい!と、実際に購入しました(料理本を購入するのは久しぶり!)

サラダをよく作るようになって、家での料理がさらに楽しくなったことは間違いありません。

付け合わせにサニーレタスと柿のサラダ。この、柿とレタスのサラダは本当にたくさん作りました(サニーレタスは道の駅で安く、柿は人からたくさんもらった)。何度も作っているうちに柿は薄くスライスするとレタスと馴染んで美味しいと分かりました。
カレーと一緒に、サニーレタスとみかんのサラダ。さっぱりして美味しい!
サニーレタスとスイートスプリングのサラダ(スイートスプリングは実家からの荷物に。親戚宅でたくさんとれる)。酢とともにスイートスプリングの果汁を入れるとフルーティーで美味しい。こんな、アレンジもあれこれ広がるところがこの本のすごいところ。

サニーレタスばっかりですね(笑)

最近、週末の野菜の買い出しでは、サニーレタスは必須です☆

▼サラダを美味しく作りたい!と、しばらく悩んだ末、これも購入しました。

※ボウルは有元葉子さんのオリジナルブランド「ラバーゼ」のもの。サラダスピナーはあれこれ検討して栗原はるみさんのものに。どちらもサラダを作る時は必ず使っています。

おわりに

有元葉子さんの『光るサラダ』をご紹介しました。

実は、2020年後半から、有元葉子さんにハマっています!

きっかけは、ふと図書館で立ち読みした『使い切る』という本を読んだこと。

何て素敵な生き方だ!と衝撃を受けました。

それから有元葉子さんの本を図書館で借りまくり、料理も本を参考にいろいろ作りました(かなりたくさんの本を出されています)。

その過程で、この方は「食材をシンプルに調理し、食材の美味しさを引き出すスペシャリストだ」と感じました。

そんな有元さんが書かれた"サラダ"に関する本。

子どものいる家庭の普段の食事に役立つ本、ではないかもしれませんが、

「野菜の美味しい食べ方を知りたい!」「おうちのサラダをもっと美味しくするには?」と思っている方には、ピッタリの一冊です。
ちなみに、小一の長男と年中の次男はまだこの美味しさは分からないよう(笑)小三の娘は「美味しい」とおかわりして食べます。

 

誰かにとっての、料理本とのよい出会いのきっかけになれば嬉しいです。

有元葉子さんの本で、普段の食事作りにとても役立つおすすめの本もあるので、近々ご紹介しますね!

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
ABOUT ME
ミモザ
37歳主婦。3人の子ども(9.7.5)の母。転勤族の夫との5人暮らし。 22歳で小学校教師となり、担任として忙しくも充実した日々を送る。 約5年間働いた後、3人の育児休暇に入る。そこで思い通りにいかない子育ての壁にぶち当たる。生きてきた中で最も「自分の未熟さ」を知ることになる。 何年も満たされない日々だったが、家の片付けと読書を機に、『自分の人生は自分で変えられる!』と気づく。そこから毎日が変わっていった。 2018年3月に退職。
Instagram~日々のこと、想い~
日々の出来事や感じたことなどを、写真とともに毎日綴っています。
イチゴを買い、翌日食べようとすると少し傷んでいました。ガーンとなりましたが、ジャムにしよう!と傷んだところを取り除き、レモン汁をかけてさっと煮ました。甘酸っぱくて美味しい!土曜だったのでヨーグルトにかけて家族みんなで朝食にゆっくり。子どもたちも大好き。#自家製のいちごジャム のフレッシュさにかなうものはないな〜と改めて思いました。#いちごジャム #自家製いちごジャム
夫が描いた絵を見ながら、#5歳の次男 が描いた絵(#ドラクエの主人公 )。かわいすぎ!#子どもの絵 #ドラクエの絵
#小2の長男 、明日は一年生と#学校探検 らしく「楽しみ〜」と言っていました。昨年の今頃は休校中で、入学しても二年生との交流はなかったはず。今もいろんな活動が中止や延期になっている中、明日は予定通りできるといいね!一年生のペアの子には「ぼくもこの前引っ越してきたからあまり分からないかもしれない」と言ったらしいです笑 確かにね!新しい学校でも楽しく過ごしてるのが何よりです。
新しい社宅のキッチン。狭い!一人でやる分にはそうでもないのですが。家族で料理を楽しむ、という設計ではないようです笑 #独立型キッチン #社宅のキッチン
#年長の次男 、今回の幼稚園は行き帰りバスです。朝のバスの時間は8時過ぎ!小学生とほぼ同じ時間に出ます(前は9時過ぎに出ていました!)。それに週三弁当。三人同時に送り出すってめちゃくちゃ大変!でも送り出したあとはお弁当の残りなどをテレビを観ながらゆっくり食べるという至福の時間です。
今日まで幼稚園の個人面談のため午前保育だった#5歳の次男 。「#しんけいすいじゃく やろう」と言われたので2回やりました。2回とも負けました笑 子どもの記憶力のすごさに驚くとともに自分の衰えを感じました。新しく買った#ローテーブル は思い切って直径1メートルのものにしましたが、ゆとりがあってとてもいいです。かといって大きすぎることもありません。#しんけいすいじゃく子どもに勝てない #子どもとトランプ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です