子どもと一緒に作ろう♪私の中で一番簡単なお菓子作り「べっこう飴」

子どもが生まれたら一緒にお菓子作りしたいなあ♡

そう思っていても、現実は大変ではないですか?ε=(;´Д`)

私は、クッキーづくりしたいな~と思っていたけれど、下の子がいたら

・手を出されるのは当たり前
・キッチンぐちゃぐちゃ
・なぜかいつもケンカ勃発…

正直言って疲れます^^;

でも、子どもにお菓子作りの楽しさは伝えたい!
一緒に楽しみたい!

そう思う私が、今のところ

・作ったという満足感がある
・美味しい
・手軽
・片付けもまあまあラク

そんなポイントを満たす、自分の中では一番簡単だと思うお菓子作りです。

それが今日紹介するべっこう飴づくり

ご飯とは少し違いますが、連休中ということもあり、こちらを先に記事にします!

よかったら作ってみてください♪写真は夏休みのもの。
私はこの写真をいつまで温めておくつもりだったのでしょう(笑)
今回の写真は全て同じ時のものです。

べっこう飴の作り方

みなさんは作ったことありますか?
プリンのカラメルづくりと同じです!

私は小学生のころ何度も作りましたが、同じ社宅の人と話をしていると「作ったことな~い」という人もいて、人それぞれなんだな~と感じています。

簡単ですが一応作り方を書きます。
※計量などしませんので、かなりアバウトですがご了承ください。

①水と砂糖を鍋に入れる。

水は少量、砂糖多めです!
分量が必要な方は、ネットで調べるとたくさん出てくると思います!
ただ、これでもかというくらい砂糖は多めで、これでもかというくらい水は少なめです。
この加減も子どもたちは毎回学んでいきます。

 

②鍋を火にかける。

はじめはこんな感じ。
泡が小さいです。
※わが家はきびさとうを使っているので最初から少し色づいています。

もっと加熱すると
泡が大きくなってきます。
そして色が濃くなってきます。
この色づき具合で甘さ・苦味が変わってきます。
毎回微妙に違うのが楽しい♪
加熱しすぎると苦くて食べられません(笑)
「失敗は成功のもと☆」

 

③飴を垂らす。今だ!と思ったら鍋を火から下ろし、すかさずホイルの上に適量垂らしていきます。
ゆっくりしていると固まります。

楊枝も、早く置かないと飴が固まり上手くできません。
子どもたちも毎回学んでいます^^

※次男お昼寝中

 

④固まったら出来上がり♪
こんな風に並べて、お店屋さんごっこをしていました♪
子どもたちの発想は面白い!

終わってからのお楽しみ♪

べっこう飴づくり、これで終わりではありません。

とっておきの楽しみがあります!

鍋を洗わず牛乳を入れ、加熱すればキャラメルミルクの出来上がりです♪
この色たまらない(*´▽`*)
もちろん牛乳の量は適当♪
私は計量するのが苦手なのでしょう。だから料理もレシピをみない(笑)

少しずつ注ぎ分けて。
コクのあるミルク、おいし~(*´ω`*)

鍋に残った飴もきれいになって、一石二鳥!

おわりに

お菓子作り、やりたいけれど大変…

私も以前、子どもと一緒にクッキーやパン作りをしている友人の写真を見て、落ち込んだものです(笑)

でも今は、自分は自分。人それぞれ違うよね♪と思っています。
実際に友人に会ったときに話を聞いてみると「大変だよ~疲れるよ~」と言っていました。
だよね☆安心した(*‘ω‘ *)

昨日は、夫はゴルフ&結婚式で一日家にいなかったのですが、これと卵ステーキづくりをしました♪

あとはDVD見放題(笑)
一歩も外に出ず。

でもこんな日もあっていいのかな~と思えます^^

べっこう飴づくりも、しなきゃいけないことではないけれど、私と同じ思いでいる方の参考になればと思って書きました☆

よい休日をお過ごしください^^

子どもが喜ぶ、簡単、卵料理!思い出の卵ステーキ♪ただ今、熊本に帰省中です。 花火をしたり、スイカ割りをしたり、日頃できないことを楽しんでいます^^ 今日は、思い出の「卵ステ...

お読みいただきありがとうございました。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
ABOUT ME
ミモザ
35歳主婦。3人の子ども(7.5.3)の母。転勤族の夫との5人暮らし。 22歳で小学校教師となり、担任として忙しくも充実した日々を送る。 約5年間働いた後、3人の育児休暇に入る。そこで思い通りにいかない子育ての壁にぶち当たる。生きてきた中で最も「自分の未熟さ」を知ることになる。 何年も満たされない日々だったが、家の片付けと読書を機に、『自分の人生は自分で変えられる!』と気づく。そこから毎日が変わっていった。 2018年3月に退職。

POSTED COMMENT

  1. ミモザ より:

    メグさん、ありがとうございます( ´ ▽ ` )
    ぜひ作ってみてください!

  2. メグ より:

    こんにちは。なつかしいです~べっこうあめ。これなら小さい娘と作れそう。早速やってみます!

  3. ミモザ より:

    なださん、無駄がないと言っていただき何だかすごく嬉しいです( ´ ▽ ` )
    食べるのも作るのもあまり好きじゃない、とはっきり言えるところかっこいいです!
    私もその他の家事は基本好きではありません笑 だからこそラクしたいですね!
    それと同時に仕方なくでもやることで、結果自分も気持ちよくなってるのかな〜とも思います。
    ご飯についての記事はまだ続きますので、よかったらご覧ください☆

  4. なだ より:

    リクエストにお答えいただき、ありがとうございます。
    べっこう飴楽しそうで、
    早速やってみたいです。
    読みながら、
    (べっこう飴か…終わりの鍋の処理がちょっとめんどくさいな…)
    なんて思っていたので、
    牛乳を入れるというところで、
    もう目からうろこでした…
    本当に無駄がない!
    素晴らしいです。
    私はミモザさんと違い、
    たべるのも、作るのも、
    あまり好きではありません。
    家族のために仕方なく…という感じです。
    シンプルで、美味しいご飯が一番!
    ですね。
    次も楽しみにしてます(^-^)/

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です