経験から学んだよりよい生き方

できないことではなく「今できること」に目を向ける!字の練習を始めました!

わが子は、小四・小二・年長。

子どもがこれくらいの歳になると、仕事を考える方も多いのではないでしょうか。

ですが、約2か月前、5年ぶりとなる引越しをし、「やはり転勤族に仕事は難しい」ということを改めて感じました(職種や働く時間にもよると思いますが)。

引越して3週間の間に私が感じたこと|転勤族の大変さと家族のこと5年3か月ぶりの引越し。転勤族の現実を見たようでした。引越して3週間の間に私が感じたことを書きました。...

以前の私なら、そんな状況に不平不満を言っていたことでしょう。

ですが、そんなことを言っても仕方がありません!
これまでの経験で痛いほど学びました。

「今の私にできることは何か?」と考えると、「字の練習をしよう!」と思い立ちました。


やろうと思ったことが始めどき!

子どもの持ち物の名前書き、
連絡帳、
書類、
メモや手紙…

"字を書く機会"というのは、毎日たくさんあります。

その度に「もっときれいな字が書けたらな~」とか「きれいな字が書けたら楽しいだろうな~」などと思っていました。

2020年8月に娘が書道を習い始めたこともあり(3年生から始まる習字が楽しかったことがきっかけ。引越し後はやっていません。)、年末ごろ私も「次の転勤がなかったら同じ先生に習おう」と思っていました。

ところが、2021年の3月に転勤。

今思うと、数か月だけでも習っておいたらよかったです。

そのため、今回は引越しがある程度落ち着いた4月終わり頃、「即行動しよう!」と動きました。

コロナのため、当初通いたい!と思った近くの公民館の書道教室は受け付けていませんでしたが、
本を購入したり、字を習えるところを探してみたり、自分で動いてみるといろいろ見つかるものです。
きっと、近くの公民館の書道教室には縁がなかったのだと思います。

何かを始めようと思ったとき、「まさにその時が始めどき」なんだな~と思います。

自分の意志で始めると、物事が動き出す!

公民館の書道教室に通えないことが分かり、私は最初ネットで本を購入しました。
普段いきなりネットで本を購入することはありませんが、引越し後間もなくで本屋さんもよく分からない&コロナ感染者も多くなってきたため。口コミを見て自分に合いそうなものを。

本が来てからというもの、

「こんな字が書きたい!」という思いを搔き立てられ、字を練習するのが楽しくて楽しくて。

最初は裏紙に、今は国語のノートに、思いのままに文字を書いています。

引越したときは、こんなに字の練習が楽しくなるなんて想像もしませんでした。「おはようございます」書きすぎですね(笑)

その後、別の書道教室の体験に行き、客観的に自分の字を見てもらうことの大切さを実感。さらに文字への興味が沸きました(今後月2回のペースで通おうと思います)。

以前から興味のあった万年筆を買ったことも、字の練習を楽しくしてくれています。(万年筆って書きやすい!)

また、文字を練習し始めてから文字への見方が変わり、「この画は意外と長いんだ~」とか「ここは短く書くと形がよくなるんだ~」などと新たな発見があります。
物事にはあらゆるものに面白さが秘められているんですね。

さらに、「この文字はどうやったら形よく書けるんだろう?」と思うことが度々あり、参考になるものはないかな~?と調べてみると、あるではありませんか!

『新・字形と筆順』ネットで見た後に実際に書店で購入。筆順も字形に大きく影響します(結構間違って覚えているものありました!)。
最近は、この本を見ながらノートに練習しています。なかなか上手く書けないことも多いですが、それもまた面白いです。

自分からやろうと思って行動を起こすと、それに連なるように物事はよい方向へ流れていくんだな~ということを実感しています。


いくつになっても、できるようになるって嬉しい!

まだまだ文字の練習を始めたばかりですが。

これまでよりも形よく書けたり、書きやすい方法が見つかったりすると、とても嬉しいです。

いくつになっても、できるようになるって嬉しいですね☆

こんな「小さな"できた!"」をこれからも積み重ねていきたいです。

おわりに

転勤族って大変!いろいろ制限されるし、またいつ転勤があるか分からなくて落ち着かない…

できないことを挙げるときりがありませんが、そんなことを言っても何も変わりません(前の私はこんな感じでしたが)

そんな中でもできることはあって、そちらの方に目を向けた方が毎日は何倍も楽しくなります。

これまでの経験で私が学んだ「できないことではなく、今できることに目を向ける」というのは、やはりよりよい生き方の一つなんだな~ということを感じています。

やろうと思ったときが始めどきで、
自分から行動を起こすと物事は動き出す。
そして、「小さな"できた"」を積み重ねていく。

こんなふうに生きていきたいな~と思います。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

今を生きる|「満たされない」と思っていた私に足りなかったもの約7年前、育児休暇に入ってから、何年もどこか満たされない感じがしていました。 子どもが生まれたことは嬉しいのだけれど、毎日毎日...
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
ABOUT ME
ミモザ
37歳主婦。3人の子ども(9.7.5)の母。転勤族の夫との5人暮らし。 22歳で小学校教師となり、担任として忙しくも充実した日々を送る。 約5年間働いた後、3人の育児休暇に入る。そこで思い通りにいかない子育ての壁にぶち当たる。生きてきた中で最も「自分の未熟さ」を知ることになる。 何年も満たされない日々だったが、家の片付けと読書を機に、『自分の人生は自分で変えられる!』と気づく。そこから毎日が変わっていった。 2018年3月に退職。
Instagram~日々のこと、想い~
日々の出来事や感じたことなどを、写真とともに毎日綴っています。
#小二の長男 、ハサミを使って魚の内臓を取り出すなど下処理をしているのにびっくり!(私も基本しません)週末は夫と息子が料理することが多く私は別のことをしていますが、いつの間にかこんなことができるようになってたんですねぇ。夫、息子と料理ができて何よりだと思います。ちなみに夫と娘と長男は朝4時半に起きて朝釣りに行ってきました。私と次男は寝てました。
#カレーライス 。スイミングを習っていたときは帰ってすぐ食べられるように毎週カレーライスでした。夏休みは毎日大変なのでまたそれくらいのペースでカレーでもいいな〜と思います。#夏休みは大変 #夏休みはカレー
いつかのお弁当。この日は娘が社会見学の日で、夫・次男・娘三人分でした。海苔で作ったのは「誰?」って感じですね笑#子どものお弁当
子どもたちの大好きなカボチャスープの日。
#年長の次男 、今年は#せみとり に夢中です。意外にも、都会にも蝉っているんだ〜と思います笑 ブログを書こうと思いつつ、四六時中子どもたちがいるのでなかなかパソコンを開くタイミングがなく。あー夏休みって大変!早く二学期始まらないかな〜
#年長の次男 が#カンピロバクター食中毒 になり、次男はおかゆとうどんを食べることが多かったです。みんなで「たまにはうどんもいいね〜」と先週末の晩御飯は#肉ごぼ天うどん (使いそびれていた豆腐も一緒に揚げて)。家で作るうどん、好きな具材を好きなだけ乗せられるのでなかなかいいです。ちなみに実家のうどんはプラス海老天なども入っていてとても豪華です。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です