お金

お金との向き合い方|あなたのお金に対する感情は?

私は、片付けを機に、「家計も見直したい!」とお金に関する本をたくさん読みました。

退職を考えはじめた頃だったので、それはもう真剣でした(人間、やばいと思う状況になると、すさまじいパワーを発揮します)。

本では、

  • 家計管理
  • 投資や税制度
  • 保険のしくみなど

実践的な内容を学びました(今はだいぶ忘れてしまいました!)。

それに伴い、面白いように家計が改善されていくのが楽しかったです。

そして、もう一つ、"お金とどう向き合うか"といった「お金に対する感情」についても深く考えることになりました。

今日は、これまであまりブログに書いてこなかった、お金との向き合い方(お金に対する感情)について書いてみようと思います。


お金って一体何?お金の2つの種類

最近読んだ本に分かりやすく書いてあったので、ご紹介します。

お金には2つの種類ー「Happy Money」「Unhappy Money」ーがあります。

1.「Happy Money」

「Happy Money」は、10歳の男の子が、母の日にお花を買うようなお金です。
子どもがサッカーやピアノを習えるように、両親がコツコツ貯めたお金も「Happy Money」です。
普通のお金が「Happy Money」に変わるケースはいくらでもあります。たとえば、次のような場合です。

◎経済的に苦労している家族に、お金の援助をする。
◎台風や地震の被災者に、少しばかりの寄付をする。
◎クッキーを売って、ホームレス施設のための寄付をする。
◎社会に役立つビジネスや社会事業に投資する。
◎満足したクライアントから料金を受け取る。

愛情や思いやり、友情を伴って流通しているお金は、どれも「Happy Money」です。
この種のお金は、人々を笑顔にし、人々に「自分は愛されている」「とても大事にされている」と感じさせます。

2.「Unhappy Money」

一方、「Unhappy Money」は、家賃や請求書、税金などをしぶしぶ払うお金のことです。・・・

◎ひどい離婚のあとに、慰謝料としてお金を払う、あるいは受け取る。
◎好きな仕事ではないのに、辞められないまま、会社から給料を受け取る。
◎クレジットカードの分割支払いのお金を、イヤイヤ返済する。
◎あなたにお金を払うことを不快に思っている人ーたとえば、「あなたにはこのお金を受け取る資格がないが、契約した以上はとにかく払います」といった不満を抱えた顧客などーからお金を受け取る。
◎相手がどんな人であれ、人からお金を盗む。

不満や怒り、悲しみ、失望を伴って流通しているお金は、どれも「Unhappy Money」です。この種のお金は、人々にストレスを与え、人々を絶望させ、イライラさせ、落ち込ませ、時には暴力的にします。そして、人々から、品位や自尊心、優しい心を奪うのです。

そもそも、お金自体には、いいも悪いも、何の感情もありません。

私たち自身が"どんな感情を乗せるか(選択するか)"で、「Happy Money」にも「Unhappy Money」にもなり得るのです。

お金は「喜び」や「感謝」にこそ使う

私は、『「喜び」や「感謝」にこそお金を使おう』と考えるようになりました(夫とも、そんな話をしました)。

上記でいう、「Happy Money」です。

なぜなら、お金は、自分が乗せた感情がまた戻ってくるということを、本を読んで学んだからです。

 

それまで私は、お金を払う時にどんな感情を乗せるかが大事だなんて、考えたこともありませんでした。

「ああ、もったいない」とか「本当は払いたくないけど」…。そんなふうに思うことも多々ありました。

しかし、それではよくない、と言うのです。

どんな気持ちでお金を手放すかによって、本当にその後が変わってくるの!?

はじめは半信半疑でしたが、そうやって過ごして数年、それは本当なんだということを感じています。

 

逆に考えればよく分かります。

例えば、両親や親せきが、自分たち家族のために快く使ってくれるお金。それはとてもありがたく、私たちも何かしらの形で返したいと思います。

また、お金が形を変えたもの、例えば、友人からの手土産やプレゼントなど。あたたかい気持ちが伝わってくると、自然と自分も何かしたいと思います。

このように、Happy Moneyを受け取ると、自分もHappy Moneyを使いたくなり、よい循環が生まれます(逆もしかりでしょう)。

つまり、自分が気持ちよく支払ったお金は、いずれ何かの形で同じように自分に戻ってきます(直接戻ってくることも、回りまわって戻ってくることも)。

だからこそ、要不要を見極め、必要だと思ったものには快くお金を支払いたいと思っています。


お金に対する向き合い方こそ大切!

同じ本に、このような記述があります。

ほとんどの人が、お金のEQより、お金のIQのほうが重要だと考えています。ですが、私がやってきた個人対象のカウンセリングを通して、その後クライアントたちが20年間でどのように変わったかを見ているうちに、お金のIQよりお金のEQのほうがはるかに重要だと思うようになりました。

※お金のIQ(知能指数):経済に関する知識のことで、投資や税法、その他の一般的なお金の知識を勉強することで身につけられる。

※お金のEQ(心の知能指数):自分のお金に対する感情に対処するために必要な感性を意味する。

お金のことを知り尽くした本田健さん(という私も、数年前まで本田健さんのことは全く知りませんでした。どの本も素晴らしいです)。

たくさんの経験の中で"お金のEQが重要だと考えるようになった"という学びは、とても考えさせられます。

電卓片手に家計管理をしたり、ただやみくもに節約をしたり…

私たちは、それだけでなく、どんな感情でお金と向き合うか、ということも考えていく必要がありますね。

おわりに

お金に対する向き合い方について書きました。

以前から書こう書こう、とは思っていましたが、感覚的なところもあり、なかなか文章にするのが難しく…。

しかし、やはり大切なことなので、何度も下書き保存を繰り返し、ようやく今回仕上げることができました。

私もまだまだ学び途中ではありますが、お金とどう向き合うかは本当に大切だと感じています。

「Happy Money」を使って、自分を、家族を、周りの人たちを、楽しい嬉しい気持ちにできたらいいですね☆

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

お金に対する感情については、以下の2冊の書籍がおすすめです(図書館にあると思います)!

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
ABOUT ME
ミモザ
35歳主婦。3人の子ども(7.5.3)の母。転勤族の夫との5人暮らし。 22歳で小学校教師となり、担任として忙しくも充実した日々を送る。 約5年間働いた後、3人の育児休暇に入る。そこで思い通りにいかない子育ての壁にぶち当たる。生きてきた中で最も「自分の未熟さ」を知ることになる。 何年も満たされない日々だったが、家の片付けと読書を機に、『自分の人生は自分で変えられる!』と気づく。そこから毎日が変わっていった。 2018年3月に退職。
Instagram~日々のこと、想い~
日々の出来事や感じたことなどを、写真とともに毎日綴っています。
Amazonで。子どもが生まれてからは、コーヒーは何年もこれを愛飲しています。子どもたちがもう少し大きくなったら、またドリップセットを買うかもしれません。
小学校の休校延期が決まりました。幼稚園は自由登園です。長い長い春休みです。
つぼみなを料理。茹でたりお味噌汁に入れたこともありますが、予想以上に火が通りやすいので、炒め物にしてみました。少し長めに炒めると、下茹でなしで美味しく食べられました。アスパラみたいです。#つぼみな #お弁当のおかず
#つぼみな こんなふうになってるんですね!
お昼はパン屋さんのパン。子どもたちも私も、好きなものを選んで(よく行くお店のため、あらかじめ好きなものを取り置きしてもらいました)。ほぼ家なので、ちょっとした息抜き。来週から学校や幼稚園ですが、始まるのでしょうか。
お気に入りのカップが割れてしまいました。迷うことなく再購入。お店に電話を入れてお願いしました。#フリーカップ #お気に入り #フリーカップが割れた #お気に入りのフリーカップ #有田焼

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です