わが家の工夫・対応策

子どもが本に親しむためには?これまでの子育てで感じてきたこと4つ

子どもが本に親しんでくれたらいいなあ。

多くの親が望んでいることではないでしょうか?

これまでの子育てを振り返り、子どもと本について、私が感じていること3つをお伝えします。


無理をしなくて大丈夫!

「小さなうちからたくさん絵本を読んであげて、いろんな種類の本に触れさせて…。」

私自身そう思いながら子育てしてきました。

しかし・・・

二歳差三人をほぼワンオペ育児していると、ゆっくり絵本を読んであげられる時間はほぼ皆無に近いです(;_:)

夜寝る前の絵本の読み聞かせは、常に下の子が泣いていた記憶があります(*_*;

また、一か月以上読み聞かせしていないな…ということも(+o+)

「ああこれじゃあいけない」「もっと絵本を読んであげればよかった」そう思ったことも数知れず。

ですが、気付けば子どもたちは大きくなり、それぞれに本に親しむように。
常に本を読んでいる!というわけでも、何より一番本が好き!というわけでもありませんが、三人共本は好きなよう^^

 

私が唯一、本に関して守ってきたこと。

それは、「本を読むことを子どもたちに無理強いしない」ということです。

私が親として子どもに「させない!」と決めている3つのこと。・慣れない育児に日々疲れる ・思い通りにならないことにイライラ ・人の考えに翻弄される 私はつい1年程前までこんな状態だったの...

もしかすると、これはとても大切なことなのかもしれません。

子どもの好きは本人が見つけるものであって、大人が作るものではありません。

家にいくつか本があって、たまに読んであげる、大変なときは無理しない、それでもよいのだと今は感じています。
図書館で借りることもありますが、よく読むものはいつも家にあったほうがいいな~と感じます。

「世の中にはたくさん楽しいことがあって、その中の一つとして"本"もあったらいいな」そう思っています。
本だけが全てではありません。

だから、前の私と同じように「思うように絵本を読んであげられていないな…」と感じている人に、「無理をしなくて大丈夫」と伝えたいです。

子どもが読みたい本を与える

親としては、「できればいろんな分野の本を読んでほしいな~」と思いますよね。

ですが、私たち大人だって、興味のないものは読む気になりません。

自分の心に正直な子どもたちなら、なおさらでしょう(こちらが「よかれ」と思って読んでも、子どもの反応はいまいちなことも・笑)。

むしろ今は、「自分はこれが好き!」という本があることは、とても幸せなことだと思うようになりました。

だから、基本的には、子どもが読みたい本を与えるようにしています。
毎日子どもが同じ本をもってきても、基本的には要望に応えて。余裕がある時は、もう一冊私が読んであげたい本を読みます。また、本を購入するときも、子どもの意見を聞いて。

以前、「いろんな本に出会わせたい」と"毎月絵本が届く"というものに加入していたことがありますが、家事・子育てに忙しく…(T_T) 消化しきれない、と思い退会しました。
また、本がたくさん増えるのも自分には管理できませんでした。

 

娘は三年生。小さい頃はひとくくりに"絵本"を読んでいたのが、1年くらい前から急に"好み"が出てきました。

娘は、ちょっと変わった?生き物についての本がとても好きです☆

▼娘の愛読書。もう何回読んだか分かりません。

娘の中で、きっとベスト3であろう本。右の2冊は夫のお父さんからのプレゼント。私は全く興味のない分野です。最近続編を買ってもらいました。
これもよく読んでいる本。左の『整理整頓』は、社宅の人のすすめで貸してもらったのち、わが家も購入しました。その後娘のリクエストで他の二冊も。たまにケラケラ笑いながら読んでます!笑。長男と一緒に読んでいることも。
私が買ってきた本(私っぽい!笑)。娘は「(表現が)面白おかしい本が好きなんだ~」と買ってみました。たまに読む程度ですが楽しいようです♪

 

同じきょうだいでも、好みが違うのも面白いところ。

▼一年生の長男のお気に入りはコレ!

『エルマーシリーズ』と、『マイクラ』の本。エルマーは読み聞かに。長男が一人で読むのは大抵マイクラ。はじめは「えーこれ~!?」と思いましたが、あまりに読むので(最初に買ったのは一年以上前)、最近もう一冊買いました☆DVDもついていて車でひたすら観ています。本もDVDも週末のゲームに生かしているようです。

『エルマー』の本は、長男が年長の頃、自分から「買って~」と言ってきた本です。幼稚園で先生が読み聞かせをしてくださったそう。

こんなことは初めてだったので、よっぽど気に入ったのでしょう(素晴らしい本との出会いに感謝です)。
幼稚園でもいろんな本に出会えるので、親が頑張りすぎなくてもいいですね。

▼もうすぐ5歳になる年中の次男の最近のお気に入りはコレ!

『きいろいのはちょうちょ』と『ジャイアント・ジャム・サンド』。「毎日毎日飽きないの!?」と思うほど持ってきますが、読み聞かせをするといつも楽しそうに聞いています♪ワクワクするんでしょうね☆

▼子どもの成長と共に、読む本も少しずつ変わっていきますが、以下の本は何度も読み聞かせをした思い出深い本です。

この中の何冊かは、私も小さいころよく読んでもらいました。

「いろんな本を読んであげましょう」もちろんこれも大切なことなのかもしれませんが、それに惑わされず、親として、子どもに「好き」があることを喜んであげたいですね。


本に触れられる環境づくりを

環境って大切です。どんなによい本でも、普段目につかないところにしまっていては、読む機会も減るでしょう。

「子どもにたくさん触れてほしいものはリビングに置く」

そんな考えのもと、絵本をしまった本棚は、これまでほぼずっとリビングに置いていました。

ただ、三人目の次男も幼稚園に入り、普段日中子どもたちは家にいません。

また、テレビやカードゲーム、工作…そういったこともわが子は好きなので、そんな中、なかなか「絵本を読もう」とはならないようです。

そこで、思い切って、本棚を寝室に移しました(図鑑は本棚には入らないのでリビングに)。

寝室の本棚。上段三段は、上から長女・長男・次男と、それぞれよく読む本をしまっています。

日中本に触れる機会は減ったかもしれませんが、それ以上に、就寝前の時間が「本だけに集中できる時間」になりました

最近は、「寝室に行ったら各自好きな本を読む」→「私が長男と次男に読み聞かせをする」(その間長女は一人読書。三年生ともなるとしっかり自分で読み進められます。そう思うと、読み聞かせてあげられる時間も長くはないですね)→「消灯」という流れです。
本の時間がとれないこともありますが、できればこの時間は確保したい(最近消灯は9時を過ぎます^^;)

子どもたちが小さい頃に読んでいた本もまだあります。読み聞かせはしなくなったものの、平仮名が読めるようになった次男が一生懸命読んでいるので「こんな使い方もあるんだ~」と思います。

子どもたちとゆったり本を読む時間は、私にとっても楽しく、大切な時間でもあります。

「家のどこに本を置くのか」というのも、子どもが本に親しむ上で大切なポイントかもしれません。

ある日の夜、就寝前。次男は遊んでますね!笑

図書館を身近な存在に

私が図書館によく行くようになって、「本当に図書館って面白いな~便利なところだな~」と感じています。

いろんな種類の本があって、ちょっと読むことも、2週間借りることもできて、ネットで予約もできる。そしてそれが無料!
厳密には私たちが払っている税金ですが。

借りようと思う本がなくても、実際に行ってみたら「読んでみたい」と思う本に出会うこともあります。

それがきっかけとなって新しい世界が広がることも。

だから、子どもたちにも図書館を身近な存在に感じてもらいたいと思っています。

そのため、たまには家族で図書館に出かける、といってこともしたいな~と思っています。


おわりに

子どもが本に親しむためには?というテーマで、私がこれまでの子育てで感じたことを書きました。

無理せず、
子どもの興味関心を大切に、
少しだけ環境を見直してみる。
また、図書館を身近な存在に。

誰かの心が少しでもラクに、また、子どもたちが本の楽しさに気づくきっかけになれば嬉しいです。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

私が親として子どもに「させない!」と決めている3つのこと。・慣れない育児に日々疲れる ・思い通りにならないことにイライラ ・人の考えに翻弄される 私はつい1年程前までこんな状態だったの...
子どものゲームどうしてる?|小学生と幼稚園児、子ども三人のわが家のルールみなさんのお子さんは、家庭でゲームをしますか? わが子は現在、 長女:小三 長男:小一 次男:幼稚園年中 ...

 

▼この本、大人が読んでもとても面白く、また本当にためになるので、是非読んでみてください☆

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
ABOUT ME
ミモザ
35歳主婦。3人の子ども(7.5.3)の母。転勤族の夫との5人暮らし。 22歳で小学校教師となり、担任として忙しくも充実した日々を送る。 約5年間働いた後、3人の育児休暇に入る。そこで思い通りにいかない子育ての壁にぶち当たる。生きてきた中で最も「自分の未熟さ」を知ることになる。 何年も満たされない日々だったが、家の片付けと読書を機に、『自分の人生は自分で変えられる!』と気づく。そこから毎日が変わっていった。 2018年3月に退職。
Instagram~日々のこと、想い~
日々の出来事や感じたことなどを、写真とともに毎日綴っています。
新しい幼稚園での#歓迎遠足 。前から気が重いなーと思っていましたが、とっても疲れました!でも次男は今日をとても楽しみにしてくれていたし、子どもの様子も見れてよかったです。この前転入したとは思えないほど楽しんでいました。先生方や周りの方も親切にしていただき、ありがたいなーと思います。同じクラスに他にも転入した人たちがいて、#転勤族の大変さ を共有しました笑 疲れすぎたので、今日の晩ご飯は昨日作ったカレーと冷や奴です。
以前の社宅はキッチンとダイニングテーブルが同じ場所にあり、テーブルが作業台にもなっていましたが、今回は独立型。少し過ごしてみて、棚?台?が必要だと感じました(もうすぐ届くので楽しみ)。ない今は、すごく作業しづらいし、すぐ散らかります!(ちょっとその一部が見えてます😅)なるべく物は買いたくないけれど、買って便利になるものは買う!
新しい社宅に入居早々、トイレの水が止まらないことが続き対応をお願いしました(知り合いに聞いてどうにか自力で解決するも、その後何度も同じ症状が)😭※タンク内の異常。初めは部品の交換と言われていましたが、特殊なものなのか?日数もかかるようで、結局本体ごと全て変えることに。新品になったのは嬉しい!キレイに使っていこうと思います。
完成形ではないですが、洗面所が何とか落ち着きましました(前の社宅で使っていて、今回の社宅では使わないカーテンの洗濯物がいっぱい笑)。前の社宅も洗面所が狭いなーと思っていましたが、今回の社宅はさらに狭い!(一部屋一部屋は今の方が広いと思う)試行錯誤しながらようやくここまで。その最中のカオスっぷりといったら大変でした😓こうやって、一つ一つ整えていくしかないなーと思います。
パンが食べたいけれど、まだお店を探す余裕がありません。ですが少し前、混ぜるだけのパンを知り、毎日のように作っていました。自分で作れてよかったなーと心から思いました。
三人とも、転校転園を全く嫌がらずに通っています。長女や長男は発表ももう何度もしたのだとか。折り紙やトランプもクラスの子と楽しんだそう。次男も「たのしかった〜」と帰ってきました。バスにも自分から乗って行きます。本当にすごいなー思います。部屋はまだまだ改善すること多しで、買い物するところもまだ定まっていませんが、子どもたちがスムーズにスタートを切れたことは何よりです。
4月7日、小学校の始業式&お昼から幼稚園の始園式(親も参加)。初日だったので子どもたちを小学校の門まで迎えに行き、帰ってそのまま車に乗って幼稚園へ(上の子たちには簡単におにぎりを作って)。明らかに間に合わなそうだったので、園には「遅れます」と伝えておきました。無理せず、なるべく子どもたちの気持ちに寄り添いたいなぁって。三人とも「ドキドキした〜」とか「恥ずかしかった〜」などと言っていましたが、相変わらず元気にしています☺️長女は2日目から早速同じ社宅の四年生の女の子2人と登校していて、学校でも何人かの子たちと話したそうです。長男は学校で(鬼滅の刃の絵を描いていたら)「絵上手いね〜」と言われて嬉しかったよう。マイクラの話もしたのだとか☺️次男は、入園式のために1日お休み&午前保育のためまだそんなに幼稚園で過ごしてはいませんが、いい顔をして帰ってきました☺️(始園式の日はさすがに緊張している様子で、いつもはあんなにやんちゃな次男が少し強ばった表情で姿勢よく座っていたので、頑張ってるんだ〜と親の私が泣きそうでした😭名前を呼ばれたときの返事はとても大きかったです😆)三人とも騒がしいし、激しく散らかしてくれますが…新しい環境にも動じずやってくれていることは、とても頼もしく思います。これまで本当に子育て大変だったし、長女が一年生のときに「学校行きたくない」と言っていたときはとてもきつかったけれど、あのときの経験は無駄じゃなかったんだなーと思います。引越し作業、手続き、準備物、書類(まだ終わってない)‥怒涛の一週間でしたが、子どもたち三人が(今のところ?)よいスタートが切れたことは何よりです。
昨日、小学校へ手続きに行ってきました。いよいよ明日から!子どもたちは全く緊張してません笑(すごいな〜!)同じ社宅の人が一緒に行きませんか?と誘ってくれました。ありがたや😭今回はかなり大きい社宅であまり交流がないと聞いていましたが、みなさん優しく親切で、慣れない中とてもありがたいです。また、本日幼稚園へ持ち物等の確認に行きましたが、これまでのもので使えるものがある一方、新しく買ったり縫ったりするものもあり、買い物する場所もよく分からない中気が重いです😭こういう準備と並行しながら、普段の生活もあるわけで、落ち着くまでは大変そうです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です