わが家の工夫・対応策

「片付け」は子育ての一貫!親から子供に、しっかり伝えたい!

私には、子育てで子供に伝えたいことがたくさんあります。

その一つが、片付けです。

「片付けできない」
「片付けのやり方が分からない」
「片付けても片付けてもまた散らかってしまう…」

よく聞くように、私も数年前まではそんな思いをもっていました。

しかし今は、「人それぞれ自分に合ったやり方が分かれば、誰にでも片付けはできる」と思っています。

今回は、子供に伝えたい片付けについて、私の考えを書いてみたいと思います。


私が「片付け」を子供たちに伝えたい理由

なぜ私が「片付け」のことを子供たちに伝えたいのか。

それは、次の理由からです。

子供たちに幸せに生きていってほしいから

家を片付けると…

  • 物事にすぐ取り組める
  • 気持ちがすっきりする
  • 心が軽くなる
  • モノが把握できる
  • 居心地がよくなり、散在することが減る…

たくさんのよさがあります。

子供たちに幸せに生きていってほしいと思う私にとって、「片付け」は大切なことです。

学校では教えてくれないから

「片付け」は、学校では教えてくれません

5年生の家庭科で、ないことにはないのですが…(もしかしたら今は変わっているかもしれません)

やはり片付けは「家」のことである以上、親が教えた方がスムーズです。

「片付け方」が分かれば、子供にだってできる!

今日は、小学校の始業式でしたが、娘はお休みしました(昨日夕方から腹痛&嘔吐。朝には回復しました!)。

そのため、冬休みにできなかった、学用品&おもちゃを置いている棚を、娘と一緒に片付けました(冬休みは次男のマイコプラズマ肺炎でそれどころじゃなかった)。

片付けのやり方は、いつ・どこでも同じです!

片付けのやり方(方法)

  1. 全部出す
  2. いる?いらない?
  3. しまう

①全部出す

全てのものを取り出して。ホコリがすごかったです。

②いる?いらない?(取捨選択)

すごい量でした。全部いる?いらない?をしました。娘の意思で(たまに、これもう捨てたら?と口出ししました・笑)

③しまう

使いやすいようしまって。すっきりしました!

度々おもちゃや文具に気を取られ、1時間以上かかりましたが…^^;

もう何度もやっているので、同じ手順で無事終えることができました(娘、「全部出すんでしょ〜」と)。

子供にだって、片付け方が分かれば、ちゃんと片付けることができます!


片付ける時のポイントは、"減らす!"

片付けとなると、私たちはどうしてもあるもの全てをしまおうとしてしまいます。

しかし、これが、ズボラな私には間違った片付け方でした。

過去の私の間違った片付け(写真あり)私が片付けに取り組み始めた2~3年前、はじめは自分にとって間違った片付けをしていました。 もちろん、その過程は自分にとって大切だっ...

そう、管理能力の低い私に、多くのモノは扱えないのです…。それに、子育ては、ただでさえ大変…。

今の自分に管理できる量まで減らす。

それがとても大切なポイントです。

※"減らす"=要・不要を判断することは、買い物をするときにも生きてきます。

不要になったもの。たまに見直すことは必要ですね!

片付けを終えた娘は、

「気持ちいい~」
「使いやすい~」
「ゴミがたくさんあった~(たくさんのホコリや不要な紙・文具など)」

と言っていました。

おわりに

私が、子育てで子供たちに伝えたい「片付け」について書きました。

※伝えるというのは、「~しなさい」と命令するのではなく、親がやり方を見せ、子供が見て学んでいくということです(子は親の言うようにはしないが、親のやるようになる)。

 

私の実家はモノが多く、人が来るとなると急いで片付ける、といった感じでした。

もちろん一時しのぎなので、すぐに散らかった状態に戻ります。

たまに母から「片付けなさい!」と言われることがありましたが、あるものをとにかく並べたり、重ねたりしていました("減らす"という概念はありませんでした)。

モノは自分が管理できる量もつ。

それさえ教わっていれば、随分違っていたのかな~と思います。

 

わが家は、私もズボラで娘もズボラ。息子二人も決して几帳面ではありません。夫も…

そんな私たち家族に合った片付けをこれからも続け、子供たちにも片付けのよさややり方が自然と伝わるよう、やっていきたいと思います。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

子供三人わが家のおもちゃ収納|3ステップで見直してみませんか?一昨日の日曜日、7歳の長女、5歳の長男と一緒に、おもちゃの収納を見直しました。 クリスマス、お正月…おもちゃが増えることを予想して...
子供の「片付けない」問題|片付けだけが全てじゃない!今回は、子供の「片付けない」ということに対する、私の考えを書いてみたいと思います。 子どもがいると片付かない… 布団で遊...
過去の私の間違った片付け(写真あり)私が片付けに取り組み始めた2~3年前、はじめは自分にとって間違った片付けをしていました。 もちろん、その過程は自分にとって大切だっ...

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
ABOUT ME
ミモザ
35歳主婦。3人の子ども(7.5.3)の母。転勤族の夫との5人暮らし。 22歳で小学校教師となり、担任として忙しくも充実した日々を送る。 約5年間働いた後、3人の育児休暇に入る。そこで思い通りにいかない子育ての壁にぶち当たる。生きてきた中で最も「自分の未熟さ」を知ることになる。 何年も満たされない日々だったが、家の片付けと読書を機に、『自分の人生は自分で変えられる!』と気づく。そこから毎日が変わっていった。 2018年3月に退職。
Instagram~日々のこと、想い~
日々の出来事や感じたことなどを、写真とともに毎日綴っています。
#小学校の運動会 がありました。子どもたちの一生懸命頑張る姿を見たり、「先生たちコロナの中練習大変だっただろうなぁ」などと思ったりすると、思わずウルッときてしまいました。本当に運動会できてよかった!午前中でお弁当もなし、親としてはラクでした。
#かつおの角煮 。これも#グリーンコープ のカタログで注文できます。甘辛い味がご飯に合う!家族全員大好きです。#ミモザ家のご飯のおとも #ご飯のおとも
先日急に夕方に用事が入り、帰ってすぐ食べられるようにと、唯一冷蔵庫にあったお肉、鶏の挽き肉を使って#親子丼 を作りました(わが家の親子丼は、母がそうだったように、にんじんが入っています!)。調理も簡単、子どもにも大好評でした。普段ならば#挽き肉で親子丼 なんて考えませんが、困った、というのは#思わぬアイデア が浮かぶものだと思いました。
#年中の次男 、朝の登園時#つゆくさ を摘み、帰ったら#いろみず をつくるそうです。「家に(つゆくさ)おいとって」と言われました。以前一度だけ#色水作り をやったことがありますが、しっかり覚えているようです。私も子どもの頃にたくさん作った覚えがあります。こういうことも親から子へと繋がっていくんだなぁと思います。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です