約2年前、徹底的な断捨離をして私が思ったことは

一体これを買うのにどれだけのお金を使ったんだ…

ということ。


洋服
バッグ
食器
雑貨
収納用品…

軽く数十万円は使っていると思います。

買う時は必要と思って買ったはずなのに…


そんな痛い経験をして、私が学んだことについて書きます。

FullSizeRender
今も大切に使っている器。
娘がまだ年少さんだったころ「これがいい!」と言った思い出のあるもの。
これにお茶を注ぐときは自然と‟丁寧に淹れよう”という気持ちになります。






モノを買う時、お金と一緒に支払っているものがある。

モノを買う時、お金と一緒に支払っているものがありますが、皆さんは意識していますか?

私は断捨離をするまで全く意識したことがありませんでした。


それは何かというと、「そのお金を稼ぐために使った‟時間”」です。

何かモノを買うとき、そこには時間という名の代償が発生している・・・。だからモノを買う前には常に、「どれくらいの労働時間と引き換えに、私たちはこれを買おうとしているのだろう」と自問することが大切だ。




断捨離した大量のモノたち。

私はそれらを捨てる時、それらを買ったときのお金、つまり私や主人が一生懸命働いてきた時間を捨てることになったのです。


もう絶対こんなことはしたくない!!!

心の底からそう思いました。


だからこそ、私はモノを買うとき、よく考えて買うようになりました。






「モノ」の本来の役割。

本当のモノの役割って・・・

同じ本にきちんと書いてあります。
そもそもモノは、家の中をごちゃごちゃにしたり、あなたの時間を奪ったり、財布を空っぽにしたりする存在ではない。モノの本来の役割は、あなたを助け、あなたを幸せにすることのはずだ。もしそうでないとすれば、あなたはモノに使われていることになってしまう。

・家の中にモノが多すぎて、片付けに追われていませんか?

・洋服、家電、家具、車…モノの手入れに時間やお金がかかっていませんか?


モノの本来の役割はそんなものではありません。


・あると家事や仕事がラクになる。
ドラム式洗濯機や食洗機はまさに私にとってそれ!

・それがあると心が満たされる。
ボーダーのフリーカップは、今でも使うたびにワクワク♪今も横にあります。今日はホットミルク♪

それが本来の「モノ」の役割です。


私がこのブログで紹介しているものは、全て私にとってそんな本来の役割を果たす「モノ」。
でもそれが万人に合うとは限りません。
また、本も、読んでよいものは本来の役割を果たす「モノ」になりますが、多すぎると時間や空間、お金を奪っていく存在になります。
だからこそ図書館はいい!
何事もよく考えることが大切です。






稼ぐよりも大切なこと。

断捨離をした結果、私を助け、幸せにしてくれる「モノ」は、そんなに多くないということが分かりました。

すると、前よりもお金を使わなくて済むようになりました。


我慢しているのではなく、敢えて買わない。買いたくない。

なぜなら、モノを買うことで私たちの空間・時間・お金を奪っていくから。


これに気づいていなかったら、稼いでもお金はどんどん減っていったでしょう。

稼いでは買い、またそのために稼ぐ…


稼ぐよりも大切なこと、

それは『支出を見直すこと』です。


それに一度しっかり向き合わないと、稼いでも稼いでも、どんどんお金は減っていきます。





お金に困らなければ自由を手に入れられる。

私が今、仕事をしないということを選択し、家に居られるのも、
夫の給料だけで十分生活していける!と分かったからです。


『支出を見直し、自分たちの価値あるものにお金をかける』

そうすることでそれが可能になりました。

↑簡単に書いていますが、
たくさんの本を読み、
保険会社に解約の手続きを送ってもらったり、
ワイモバイルに出向いたり、
夫とも話し合ったり(たまにバトル・笑)…
それがあって今があります。
本当に行動し気づけてよかった!



お金に困っていなければ、

働いてもいいし
働かなくてもいい。

大きな自由を手に入れられます。

だから本当に夫に感謝です。





おわりに

断捨離をしたときは

何十袋ものゴミ袋を捨て、
リサイクルショップへ何度も足を運び、
ゴミ処理場へも車で出かけました。

いつも0歳の次男と3歳の長男と一緒に。


捨てるという辛い思いをし、
子連れで大変な思いをしたけれど、
そのおかげで大切なことに気づくことができました。



私はこれからもモノに振り回される暮らしはしたくない。

大切な人と、大切な暮らしをするために、貴重な時間を使っていきたいと思います。






こちらもどうぞ:








お読みいただきありがとうございました。

にほんブログ村

↑ポチっと応援ありがとうございます♪