暮らし全般に関すること

捨てるよりも大切なこと|親子のホッカイロの想い出

  • 片付け
  • 断捨離
  • 無駄を排除する…

捨てることは、今一つのブームになっているようです。

もちろん、私自身も、「必要十分のモノで身軽に生きていきたい」と思っています。

ただ、捨てることばかりにフォーカスすると、大切なことを見失ってしまう気がします。

最近、夫から娘へ渡すホッカイロを見て、改めて考えさせられることがありました。


冬の朝、夫と娘とのやりとり

娘は小学二年生(相変わらず早起きは苦手です)。

昨年から冬になると、夫は毎朝学校へ行く前の娘に、ホッカイロを渡しています。

夫:「今日はどっちがいい~(貼るタイプor貼らないタイプ)?」

娘:「〇〇がいい~(その日の気分で好きな方を言う)

夫:「はい(娘が選んだ方を、袋を開けて手渡す)」

娘:「ありがと~(嬉しそう)」※たまに「今日はいらない」ということも(笑)

二人は、こんなやりとりを毎朝やっています。

朝はどうしてもバタバタしてしまいますが、見ていてふっと心が緩む瞬間です(夫が早番以外の日は、二人一緒に玄関を出ます)

※小学校のきまりは、ホッカイロを持ってきてもいいが出さないこと、となっています。

夫が子供だった頃の記憶

先日、夫が娘にホッカイロを渡したあと、ふとこんなことを言っていました。

「父ちゃんがいつもくれてたんだよね~(お父さんが毎朝いつも自分にホッカイロを渡してくれていた)」

夫も前は毎日のように、お父さんからホッカイロをもらっていたそうです。

何気ない日常ですが、夫とお義父さんのやりとりを想像すると心があたたまります。

そんな過去があったからこそ、夫は今、わが子に同じようにホッカイロを渡しているんだと思います。

確かに、夫の実家には冬は必ずホッカイロがあって、私も前にもらいました(笑)


私たちが子どもたちに残したいものとは?

ホッカイロは、なくても生きていけます。

ゴミを減らす、という点から言えば、ないほうがいいのかもしれません。

私の実家はホッカイロを使う習慣がなかったため、夫に「買わなくてもいいのに…」と思ったこともあります。

現在のキッチン。カーテンレールの上にホッカイロが!(笑)

ただ、私たちが子どもたちに残したいものって、「心に残るあたたかい思い出」ではありませんか?

自分が親になったとき、ふと蘇ってくる"過去の記憶"。そんなものがありませんか?

あたたかい記憶は、生きる活力にもなります。

  • 不要なモノは買わない!
  • なるべくモノは少なく!

もちろんそれも理解できますが、それだけでは説明できない部分があります(言葉では上手く言えませんが…)。

夫が娘へ渡すホッカイロは、まさにそうだと思います。

おわりに

夫が、毎朝娘に渡しているホッカイロ。

それは、"モノ"ではなく、"愛情"そのものです。

夫から娘への気持ちは、きっと何かしらの形で次に繋がっていくのではないでしょうか。

  • とにかくモノを捨てる
  • とにかくモノを買わない

そればかりに目が向いていると、大切なことを見失ってしまいます。

捨てることは、目的ではなく手段

捨てた先には、「自分はどうしたいか」という、よりよい世界が待っています。

 

四月からは、長男も小学生。

ホッカイロの消費量が、さらに増えるかもしれません☆

 

お読みいただきありがとうございました。

優しさは優しさを生む!心が温まった、夫の上司の言葉2019年も、もうすぐ終わりますが。 12月後半、わが家の3歳の息子は、一週間以上熱を出していました。それも38℃~40℃の高熱。...
子どもたちには、モノではなく、心に残る思い出を贈りたい。2週間前の土曜日、幼稚園での親子レクレーションがありました。 子どもと親との触れ合いを目的として、一年に一度、近くの公園で行われて...

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
ABOUT ME
ミモザ
35歳主婦。3人の子ども(7.5.3)の母。転勤族の夫との5人暮らし。 22歳で小学校教師となり、担任として忙しくも充実した日々を送る。 約5年間働いた後、3人の育児休暇に入る。そこで思い通りにいかない子育ての壁にぶち当たる。生きてきた中で最も「自分の未熟さ」を知ることになる。 何年も満たされない日々だったが、家の片付けと読書を機に、『自分の人生は自分で変えられる!』と気づく。そこから毎日が変わっていった。 2018年3月に退職。
Instagram~日々のこと、想い~
日々の出来事や感じたことなどを、写真とともに毎日綴っています。
新しい幼稚園での#歓迎遠足 。前から気が重いなーと思っていましたが、とっても疲れました!でも次男は今日をとても楽しみにしてくれていたし、子どもの様子も見れてよかったです。この前転入したとは思えないほど楽しんでいました。先生方や周りの方も親切にしていただき、ありがたいなーと思います。同じクラスに他にも転入した人たちがいて、#転勤族の大変さ を共有しました笑 疲れすぎたので、今日の晩ご飯は昨日作ったカレーと冷や奴です。
以前の社宅はキッチンとダイニングテーブルが同じ場所にあり、テーブルが作業台にもなっていましたが、今回は独立型。少し過ごしてみて、棚?台?が必要だと感じました(もうすぐ届くので楽しみ)。ない今は、すごく作業しづらいし、すぐ散らかります!(ちょっとその一部が見えてます😅)なるべく物は買いたくないけれど、買って便利になるものは買う!
新しい社宅に入居早々、トイレの水が止まらないことが続き対応をお願いしました(知り合いに聞いてどうにか自力で解決するも、その後何度も同じ症状が)😭※タンク内の異常。初めは部品の交換と言われていましたが、特殊なものなのか?日数もかかるようで、結局本体ごと全て変えることに。新品になったのは嬉しい!キレイに使っていこうと思います。
完成形ではないですが、洗面所が何とか落ち着きましました(前の社宅で使っていて、今回の社宅では使わないカーテンの洗濯物がいっぱい笑)。前の社宅も洗面所が狭いなーと思っていましたが、今回の社宅はさらに狭い!(一部屋一部屋は今の方が広いと思う)試行錯誤しながらようやくここまで。その最中のカオスっぷりといったら大変でした😓こうやって、一つ一つ整えていくしかないなーと思います。
パンが食べたいけれど、まだお店を探す余裕がありません。ですが少し前、混ぜるだけのパンを知り、毎日のように作っていました。自分で作れてよかったなーと心から思いました。
三人とも、転校転園を全く嫌がらずに通っています。長女や長男は発表ももう何度もしたのだとか。折り紙やトランプもクラスの子と楽しんだそう。次男も「たのしかった〜」と帰ってきました。バスにも自分から乗って行きます。本当にすごいなー思います。部屋はまだまだ改善すること多しで、買い物するところもまだ定まっていませんが、子どもたちがスムーズにスタートを切れたことは何よりです。
4月7日、小学校の始業式&お昼から幼稚園の始園式(親も参加)。初日だったので子どもたちを小学校の門まで迎えに行き、帰ってそのまま車に乗って幼稚園へ(上の子たちには簡単におにぎりを作って)。明らかに間に合わなそうだったので、園には「遅れます」と伝えておきました。無理せず、なるべく子どもたちの気持ちに寄り添いたいなぁって。三人とも「ドキドキした〜」とか「恥ずかしかった〜」などと言っていましたが、相変わらず元気にしています☺️長女は2日目から早速同じ社宅の四年生の女の子2人と登校していて、学校でも何人かの子たちと話したそうです。長男は学校で(鬼滅の刃の絵を描いていたら)「絵上手いね〜」と言われて嬉しかったよう。マイクラの話もしたのだとか☺️次男は、入園式のために1日お休み&午前保育のためまだそんなに幼稚園で過ごしてはいませんが、いい顔をして帰ってきました☺️(始園式の日はさすがに緊張している様子で、いつもはあんなにやんちゃな次男が少し強ばった表情で姿勢よく座っていたので、頑張ってるんだ〜と親の私が泣きそうでした😭名前を呼ばれたときの返事はとても大きかったです😆)三人とも騒がしいし、激しく散らかしてくれますが…新しい環境にも動じずやってくれていることは、とても頼もしく思います。これまで本当に子育て大変だったし、長女が一年生のときに「学校行きたくない」と言っていたときはとてもきつかったけれど、あのときの経験は無駄じゃなかったんだなーと思います。引越し作業、手続き、準備物、書類(まだ終わってない)‥怒涛の一週間でしたが、子どもたち三人が(今のところ?)よいスタートが切れたことは何よりです。
昨日、小学校へ手続きに行ってきました。いよいよ明日から!子どもたちは全く緊張してません笑(すごいな〜!)同じ社宅の人が一緒に行きませんか?と誘ってくれました。ありがたや😭今回はかなり大きい社宅であまり交流がないと聞いていましたが、みなさん優しく親切で、慣れない中とてもありがたいです。また、本日幼稚園へ持ち物等の確認に行きましたが、これまでのもので使えるものがある一方、新しく買ったり縫ったりするものもあり、買い物する場所もよく分からない中気が重いです😭こういう準備と並行しながら、普段の生活もあるわけで、落ち着くまでは大変そうです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です