経験から学んだよりよい生き方

【自分を戒める】私の今の課題と、それに向けてやれること。

私には、ここ最近、このままじゃいけないな~と思っていることがあります。

それは・・・

パソコンに費やす時間が多すぎること!

ブログをはじめて、2か月と少し。

以前から書きたいなという気持ちはあったのですが、実際やってみるとこれがすごくすごく楽しくて…。

家の片付け、子育て、料理、読書のこと…

時間があればいくらでも書いていられます。

これまで感じたことや本から学んだことを、ブログを通して誰かに伝えられること、大変嬉しく思います。

読んでくださっている方、本当にありがとうございます。

以前、誰かのブログで、人間にはインプット(入力)とアウトプット(出力)どちらも必要だということを目にしました。

家にいることが多く、他人と話すことの少ない私にとっては、
これまでの生活は長い長いインプットの期間で、
ブログを通して一気にアウトプットしているといった感じです。

ただ私は書くのが苦手…。

担任をしていた頃、毎学期の通信表の所見欄(担任からのメッセージ)は、本当に大変でした。
何度も何度も書き直し、それでもまだ納得いかない。
子どもたちのよさは分かっているのに、それを上手く表現できず、もどかしい…

少し前、初任で受け持った子が、ラインで
「懐かしいものがありました!」と、私が書いた通信表の所見を送ってくれました。

その文章の稚拙さといったら…笑


私の今の課題

私がパソコンを操作できるのは、基本的に

朝4時~6時(起きた時間によって多少変わる)
昼1時~3時(次男の昼寝によって多少変わる)
です。

操作には少しずつ慣れてきましたが、
もっと書きたい、デザインも見やすく整えたい、他にも調べたいことがある…

そうすると段々ずれ込んでくるわけです。

朝は、朝食づくりや弁当作りがバタバタになる
夕方は、子どもたちと面と向かってゆっくり話せない
などの弊害が出てきます。

初めはいけないなと思っていても、何回も繰り返していくうちに、それが段々普通になってくる。

でもこれではいけないと思ったわけです。

私にとって大切なこと

私が一番大切なのは家族です。

子どもたちの母親は私一人。
主人にとっても一人だけの妻。

家族と関わることの大切さを伝えておきながら、
私が家族よりもパソコンに目を向けているのは本末転倒なわけです。

でもブログは書きたい。

不器用な自分の、未熟だっだ昔と今の生き方を伝えることは、ある意味私の使命のように感じています。

家族を大切にしながら、ブログを毎日書く。

両方の想いを叶えたいのです。


現実を見据える

私は、子どもたちの母親。

私のブログを書く時間は限られている。

子どもたちは小学校や幼稚園で疲れることもあるでしょう。
そんなとき家がほっとできる場所でありたい。
こどもがいる間は子どものことだけに集中したい。

そうすると、子どもたちが起きてくる時間、学校から帰ってくる時間にはパソコンを切ろうと思うわけです。
いつもこの場所でブログを書いています。

感じ方考え方は日々変化している。
今日考えていることと明日考えることはきっと少し違う。
それを毎日しっかり伝えていきたい。

それには毎日書く必要がある。

少し前、日頃ほとんど褒めない主人から、あることを言われました。

「毎日毎日(ブログを)書いていて、よくネタが尽きないね」と(笑)

私からすると、毎日生活している限り、あらゆるコトは起こるわけで、ネタは尽きません。

生きている限り、書き続けられると思います☆

ネタを探しているという感覚はなく、逆に目の前に次々と現れてくるという感じです^^

まだまだ書きたくても書けていないことがあり、もどかしいくらいです(>_<)
(家計管理のことなんて、まだまだちっとも書けていません…)

ブログを書くのを諦めたり、書く頻度を下げる、もっと時間があったらと考える、

そんなことは何の解決にもなりません。

今、自分にできること。

そういった現実を見据えて、今私ができること。

それは

①本を読んで文章力を身につけること。

②ほとんど誰もやっていない、私ならではの暮らしの工夫を書くこと。
(収納や掃除など今はたくさん情報があり、誰かが書いてくれていることは、わざわざ私が書く必要はない。)

こうやって文章力をアップさせ書くことを厳選すれば、家族を大切にという思いとブログを毎日書きたいという思いがどちらも叶えられると考えました。

課題はチャンス!

今、文章を書くことは苦手だけれど、

勉強したら上達するかもしれない。
的確に自分の想いを伝えられるようなるかもしれない。

今は、できないことをやれるようになりたいという夢があります。

できないということは、これからもっと伸びる可能性のある“余白”があるということ!

今まで、文章力を身につける本は読んだことはないけれど、読んでみたい。

生きるって本当に学びの連続なのだと感じます。

課題はチャンス!

未熟だからこそ、これからの新しい自分に期待が持てる

少し考え方を変えるだけで、毎日は本当に充実したものとなります^^

お読みいただきありがとうございました。

ここ最近、生き方に関する自分の考えを書くことが多く、
気恥ずかしさと同時に、正直どう感じるのだろうかと怖い部分もあります。
基本的に私が書きたいから書く、

受け取り方は人それぞれ  と思っていますが、
やはりポチっとしてもらうと共感してもらったのかな〜と嬉しく思います^^
(人に話をしたとき、頷いてくれたように)

大変励みになっています。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
ABOUT ME
ミモザ
35歳主婦。3人の子ども(7.5.3)の母。転勤族の夫との5人暮らし。 22歳で小学校教師となり、担任として忙しくも充実した日々を送る。 約5年間働いた後、3人の育児休暇に入る。そこで思い通りにいかない子育ての壁にぶち当たる。生きてきた中で最も「自分の未熟さ」を知ることになる。 何年も満たされない日々だったが、家の片付けと読書を機に、『自分の人生は自分で変えられる!』と気づく。そこから毎日が変わっていった。 2018年3月に退職。
Instagram~日々のこと、想い~
日々の出来事や感じたことなどを、写真とともに毎日綴っています。
広報誌で子ども対象の#生け花教室 を見つけ、「娘は絶対好きだと思う!」と応募しました。写真は先生からアドバイスをもらいながら完成させた#娘の生け花 。案の定楽しかったようで「毎日やりたい!」と言っていました。『#身の回りは楽しいことがいっぱい 』そんな思いをもって大きくなってほしいです。一回で終わりでなく今後も数回あるので楽しみです。
朝7時35分、小学生組が出発。最近はだいたいいつもパジャマが#脱ぎっぱなし ですが、元気に「いってきます!」と言って出ていくだけでいいと思うと「まいっか」と思えます。#小三の長女 は、一年生のときは泣いたり、二年生くらいまで不安定だなぁと思うことがちらほら。今元気なだけでいい、と心から思えるのは、きっとそんな過去があるから。#大変なことも悪いことばかりじゃない ですね。#脱ぎっぱなしのパジャマ #朝の一コマ
用事があり、帰りの幼稚園バスまでの間に#小一の長男 とちょっとそこまで。前から車が来たので私が手を伸ばすと、すかさず長男が「ママ危ない!」と身を挺してくれました笑  あんなに泣いてばかりだったのに。いつの間にか成長してるんですねー。相変わらず#毎日半袖半ズボン です。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です