【子どもの書類整理】自分が維持できる方法を見つける!

幼稚園、小学校、うちの子どもたちもそれぞれたくさんのプリントを持ち帰ります。

3年前長女の幼稚園が始まってから、書類整理をどうしようかな?といくつかやってみました。

結局一つの方法に落ち着き、小学校に入った今もそのままです。その方法はバインダーを使うこと!
出し入れラクで、大事なプリントをすぐに挟むことができます♪
(穴を開ける必要もなし!書き込みも簡単!取り出しもラク!)
ズボラな私でも続いている方法*^_^*♪

ただ量が多くなるとこれも管理が難しくなるので、必要なものだけ残し、不要なものは即処分を心がけています。リビングの棚の上にファイルボックスを置いて、その中に3人分のバインダーを収納しています。
読みかけの本や作業中の資料などもこの中。
ここがゴチャゴチャしてきたら全部出して整理します。

棚:無印パイン材ユニットシェルフ中
ファイルボックス:無印スタンドファイルボックス・ワイド

では小学校から持ち帰るプリントを例に、詳しく見ていきましょう。
おおよそ以下のどれかに分けられるのではないでしょうか。

1 一年間保存版
2 行事のお知らせ(遠足、家庭訪問など)
3 提出する必要のあるもの
4 提出して戻ってきた宿題
5 採点されたテスト
6 時間割
7 献立表
8 イベントの案内
9 その他

バインダーに挟むのは基本的に1と2だけ

バインダーに挟んでとっておくものは1と2だけ。

1 一年間保存版
(年間を通して必要になるプリント。職員紹介やPTA総会要項(表紙に一年間保存と明記)など)

2 行事のお知らせ
(行事の1ヶ月~1週間前までに届くお知らせのプリント)

一年間動かすことのない1をファイルの一番下に挟み、
その上に2を、新しいものが上になるよう挟んでいきます。
行事が終わればそれに関するプリントは捨て、バインダーを開くたびに要らないプリントはないか確認します。1と2は別に管理するという方法も考えましたが、3人子どものいるわが家は計6冊になり、多すぎるのでバインダー一人一冊にしました。これで特に困ることはなく、逆に一冊なので分かりやすいです。また、要・不要が分からないときはとりあえずここに。
しばらく経つと必要かどうか判断できます。

提出するものはすぐに対処!

3の提出する必要のあるプリント。
基本的に見たら即記入し、子どもの連絡袋へ入れます

書く時間がない場合や後日提出する必要がある場合は、セロハンーテープやマスキングテープで壁に貼っておきます
見た目はよくないですが、これだと絶対に忘れることがなく、なくなる心配もありません。

 

学習プリントはやり直したら処分

4の提出して戻ってきた宿題と5の採点して戻ってきたテスト。
これは目を通したらゴミ箱へ。

宿題は毎日目を通し(サインの欄があります)、間違いやポイントは即伝えます。

テストは学校でもやり直しをしてきますが、間違ったところが大切。
本人がどうして間違ったのか自分で分かっていればOK。
もしまだ分かっていないようだったら一緒に考えます。

1も2も学習を身につけることが一番の目的
全部花丸・100点のプリントよりも、間違いがあるものの方が大事
なるべく早く間違いに気づかせてあげたいものです。

とっておいてもよいですが、見返すことは少ないと思います。
それに毎日どんどん新しい学習プリントを持ち帰り、どんどん増えていきます。

※5月12日 追記。
子どもが家や学校での学習プリント(5の採点されたテストも含む)は取ってて!というので、全部を一つのクリアファイルに入れていくことにしました。
これなら入れるだけなので簡単。
学期ごとや学年ごとに見直し、子どもの同意の上処分しようと思います。

子どもが見るプリントは子どもが見やすいように

子どもがみるのは6の時間割と7の献立表。

まずは6の時間割。
子どもが毎日の時間割をするときに必要です。

週末持ち帰ったら目を通し、ランドセル置き場へ

幼稚園の時に配布されたクリアファイル(B4がきれいに入ります)に紐がついたもの(園だよりや月の予定表を入れていました)をそのまま使っています。
現在の社宅には長押(なげし)があるので、そこにS字フックを使って。
マスキングテープで壁に貼ってもいいです。
※長女は学習机を買っていません。横からみるとこんな感じ。
毎週入れ替えます(裏表印刷でなければどんどん入れていっても)。
古いものは処分。
(内容によって保存した方がよければバインダーに。第一号は時制や一年生の担任の担任紹介、持ち物について記載されていたので保存しています)

次に7の献立表です。

親も子どもも見ます。

そのためダイニングテーブル近くの冷蔵庫の側面に張っています。磁石だと落ちたり次男がいたずらをするため、わが家はマスキングテープで。

冷蔵庫側面下が小学校の献立表。
上は幼稚園の月行事と献立表。

右のスイッチ上のプリントは幼稚園から二週間に一度配られる保育計画。
活動内容や持ち物等が書いてある保護者向け。
マスキングテープで。
新しいものがきたら前のものは処分。
毎朝確認するのでキッチンのここが便利。

その他のプリントは家庭に合わせて

残りはそれぞれの家庭に合わせて保管・処分を。

8のイベントの案内。
テーマパークや地域の催し物などの案内のプリント。

興味があるものだけを残し後は処分。

バインダーに挟むもよし、スマホで写真を撮るもよし、それだけをクリアファイルに保存するもよし。
分かりやすいやり方で。

割引チケットの場合、切り取って財布や車に入れておくこともあります。

またイベントショーなどの日程は、見た目は悪いですが、重要な部分だけ切り取り開催月のカレンダーに貼っておくと忘れることがありません。

9のその他。
学校便りや保健便り、給食だより、学級通信などは目を通してから処分するか、バインダーに挟み翌月新しいものがきたときに交換してもいいです。

担任によってはクラスの様子を学級通信で定期的に伝える場合もあります。
これは後で見返すと面白いかもしれません。

とってくれていたら担任としても嬉しい♪
これだけを別に綴じるか、クリアファイルに入れておいて学期ごと・年ごとに綴じてもいいです。
(文集のように綴じるのもあり)

以上、私の小学校の書類整理について書きました。

 

無理に捨てる必要はない

基本的にテストを含む学習プリントは、私はとっておく必要がないと判断しますが、ためらう場合には無理に捨てる必要はありません
捨ててしまったら二度と見ることはできません。

判断に困るものは捨てずにビニール袋などに入れてとっておき、やっぱり必要ないと自分で納得してから捨てるのが後悔しないやり方です。

参考までに・・・

☆幼稚園に通う長男のファイルには幼稚園のしおり、行事等のお知らせプリントを挟んでいて、同じく一番下に保存の必要があるもの、上に行事等のお知らせ(終わったら処分)を挟んでいます。

☆2歳の次男のファイルには予防接種の問診票や支援センターの案内を挟んでいます。以前は離乳食についてもここに挟んでいました。

自分にあった書類整理の方法を見つけよう

私はバインダー一冊にまとめることで、管理がラクになりました。
絶対にここにある!とすぐに分かります。

新しいプリントを挟むときに前のを見返し処分するという流れもでき、無理なく続けることができています。

万人に合う方法はありません。
長く続けることができるやり方が本人に合ったやり方です。

その方法を見つける一つのきっかけとなれば嬉しいです^^

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
ABOUT ME
ミモザ
35歳主婦。3人の子ども(7.5.3)の母。転勤族の夫との5人暮らし。 22歳で小学校教師となり、担任として忙しくも充実した日々を送る。 約5年間働いた後、3人の育児休暇に入る。そこで思い通りにいかない子育ての壁にぶち当たる。生きてきた中で最も「自分の未熟さ」を知ることになる。 何年も満たされない日々だったが、家の片付けと読書を機に、『自分の人生は自分で変えられる!』と気づく。そこから毎日が変わっていった。 2018年3月に退職。