今日はマキタの掃除機の話。


わが家はルンバとマキタ、この二つの掃除機を使っています。


前から持っていたコード付きの掃除機は、今は倉庫の中。
(今の社宅はコンセントの位置が非常に使いにくく、約2年前にマキタを買いました。)


先日、明らかにマキタの掃除機の吸引力が落ちたな…と感じました。


思い当たることはあって・・・



マキタの紙パックをセットせず、そのままいつもの場所に置いていたのです。
(次男がマキタ本体から紙パックを取り出し、その中のゴミ出すといういたずらをし、その片付けをした後だった)
そんな時に限って、帰宅した主人が、これまた次男がリビングのラグにわざとこぼした鉛筆削りのカスをマキタで吸ってくれたようです。
(私は料理をしていたのか気づかなかった。気づいていたら止めていた(-_-))




後日マキタに紙パックをセットし、スイッチを入れてみるも、


明らかに吸引力が落ちている…
音にパワーがない…



よく見てみるとモーターの部分の、手の届かないとこに削りカスが見える…(゚д゚)
IMG_4890
この奥の部分。
楊枝で取ろうと試みるも限界がある…


主人に聞いてみると、
「ああ使ったさ!」
ええ、ええ、紙パックをセットせずにいつもの場所に置いていた私が悪いですとも…(一_一)



もうこうなったら仕方ない、分解するしかない!


でも以前、長男がやはり2歳の頃、プレステ3にDVDやカードを詰め込み、取れなくなって分解した結果元に戻せなくなって壊してしまったwwwという過去があるので、今回は慎重に…

※『マキタ 分解』 などで検索すると画像と共にたくさん情報が出てきます。





マキタの分解

私が使っているのはCL182FDという機種。


外側8か所、中1か所のネジをドライバーで外し、分解。


すると…
IMG_4877
なんじゃこりゃ~‼
モーターの後ろ配線がたくさんある部分に大量の削りカスとホコリ…
こんなにも詰まっていたのか!
これじゃ吸引力が落ちるのも当たり前。


確かに次男が紙パックを外したのは今回だけじゃない。
紙パックなしで動かした覚えはないけれど、決していつも丁寧に使っていたわけでもない。


ネットにはさらに、モーター、配線や基盤など全ての部品を外してパーツを洗うというやり方も載っていましたが、私には怖くてできませんでした





中を掃除

ゴミを取り出すと
IMG_4878
こんなにも…(゚д゚)!
こりゃきっと今回だけじゃないな(笑)


IMG_4881
これ以上の分解は怖いので、中身を固く絞った布でフキフキ。
細かいところはブラシ、楊枝を使って。
(エアダスターを使ってもよさそうです。私は持っていない。)





組み立て

恐る恐る組み立て。


途中分からなくなった部品があり…
IMG_4882
これ。でもネットを見たら分かりました。ホっ。


紐を付け忘れたり、蓋のネジの付け方を間違ったりと何度かやり直し、途中多量の冷や汗もでましたがどうにか無事、組み立てることができました^^;
IMG_4884
本当によかった…(涙)





その後、スイッチを入れてみると…

無事作業が終わり、スイッチを入れました。
(ちゃんと動くか心配でした(>_<))


すると、


最近聞いたことのないようなパワーのある音!
床にしっかり吸い付くこの感じ!



買ったときに戻ったようでした(*´ω`*)


もしかすると、吸引力が落ちてきた一つの原因は、中にこれまでのゴミが溜まっているからかもしれません。


はじめは、何てことしてくれるんだ!!!と思いましたが、そのおかげで、これまで以上にマキタの使い心地がよくなりました♪



私はこのお店で買いました。




価格はこちらの方が安いです。



お読みいただきありがとうございました。



昨日はたくさんの方にポチっとしていただきありがとうございましたm(__)m

にほんブログ村