4月初めに、これまでお世話になった先生方へ、退職の報告とお礼の葉書を出しました。

お電話をもらったり、ラインや葉書で返事がきたり、本当にありがたく感じました。

テレビでは教員は何かと厳しく叩かれますが、あれはほんのごく一部のこと。ほとんどの先生が子どもたちのために毎日一生懸命働いています。

確かに学校という限られた空間の中で視野が狭くなり、感覚がずれているかなと感じることもありましたが、私が出会った先生たちは個性豊かで素敵な先生たちばかりでした。





初任者の頃、お世話になった先生からの手紙

私が初任の頃、初任者指導員としてついてくれた50代の女性の先生がいました。もう退職されています。

その先生から昨日郵便が届きました。中を開けると子どもの洋服と塩わかめ(先生の実家の特産物)でした。

その中には手紙も。
IMG_3851
当時と変わらない文字を見て、懐かしい気持ちになりました。



その一部を抜粋します。



・・・・・
教師は○○さんにとって天職と思いこれからを信じていた私は退職と聞き残念だと思いましたが、勇気ある決断をしましたね。でも○○さんは料理や家事が大好きで、おそらく子育ても楽しみながら充実した生活をおくっていらっしゃる様なので迷いもなく三人のお子さんと愛するご主人のために退職という道を選ばれたのかなと私が勝手に思っています。   
 毎朝教室で5年生の子どもたちに透き通った明るい声と笑顔で向き合う元気な姿を思い出します。
・・・・・・



私が出した葉書が届いたとき、ちょうど娘さんが住んでいる海外にいて、旦那様が葉書のことを知らせてくれたそうです。

ほんとに私にはもったいない言葉です。

何も分からない状態で、
でも担任としては他の先生たちと同じことをしなければならないという責任を感じ、
どうにか自分を奮い立たせながら必死に毎日を過ごしていたように思います。

一度だけ学校で泣いたことがあるのですが、それもこの先生の前でした。





私が今回決断したこと

手紙の中の“勇気ある決断”という言葉に、改めて世間一般から見たら私の決断は大きなものなんだということを実感しました。友人や同じ教員をしている仲間にはもったいないと言う人もいます。

でもやはり自分の決断に後悔はありません

むしろ清々しく、今こうしてブログを書けているのも公務員という肩書がなくなったから。

関連記事:





今振り返ってみると

一人目の育児休暇に入ったときは、
「働きたくても働けない!転勤もあるし、主人の帰りも毎日遅い。どうして私だけこんなに大変なの?」
と思っていました。そのことで喧嘩したことも数知れません。

でも今ならこう思います。

人のせい、環境のせいにしていただけだと。

・主人と結婚し、子どもがほしいと望んだのは私。

・同じような状況で働いている人は他にもたくさんいる。

・私はただ甘えているだけ。

何事も人のせいにしていた時は周りに対して不満が多かったように思います。

何だか毎日楽しくなく満たされている感覚がなかった。





私はこう生きていきたい

でも今ならこう思います。

・生き方・考え方は変えられる。

・全て自分で選ぶことができる。


今自分がここにいるのは全部自分で選択した結果

「誰かがこうしなさいっていったから。」と言っても、それに従ったのは自分自身。

それならば自分で考え、自分で納得して決断していきたい

人のせいにせず、自分の言動や行動に責任を持てる人間になりたい


こうやって生きてみると人の目や意見はあまり気にならなくなり、主体的に生きているという実感がわき、毎日がとても実りの多い、感謝すべきことでいっぱいになりました。


これからも私はこういう生き方を続けていきたいです。



こちらもどうぞ:




※今朝は私が娘を送っていったのですが、昨日娘自身が宣言した場所(それでも学校は見えていますが^^;)でバイバイすることができました。
よく頑張った!
帰ってきたらいっぱい褒めようと思います^^




今日もお読みいただきありがとうございました。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村