小学校一年生になった娘。

はじめはルンルンでしたが、先週月曜日、初めて玄関で見送った日の翌日、もう出ようと靴を履くときになって突然泣き始めましたT_T

その時の記事:


それから毎日、2歳の次男を連れて小学校近くまで娘を送っています。
(長男は時々社宅の人に預かってもらっています)
IMG_3718
毎朝気合を入れて全員で出発し、倉庫からベビーカーを出すのが日課。


学校近くまで行くと子どもは安心するようで、自分で中へ入っていきます。

正直ホッとしますし、振り返って私を見ることもありません笑





雨の日のある朝

今日は朝から雨でした。

長男は社宅の人のお家へ。次男も預けたかったのですが嫌といって私の元を離れず。

7時45分に家を出て、いつもはベビーカーのところを抱っこ紐をして、傘をさして出発しました。
IMG_3822
雨の日は、いつもよりさらに気合を入れることが必要。



「自分で行けるようになりたい」との気持ちはある娘に、「少しずつついていく距離を減らそう」と話し、今日は公園までね(それでもだいぶ学校に近い)と伝えましたが微妙な反応…。

公園まで来ても「もう少し先までついてきて」という娘に対し、ここは要求に応えるべきなのか突き放すべきなのか…。

結局目がウルウルしてきたので昨日と同じ場所までついていき…

悲しい気持ちを引きずっていたのかとうとう泣き出しました-_-

ちょうどそこへ学校の先生が通りかかったのでお願いし、明る声で「いってらっしゃい!」と伝え見送りました。


雨の中、13キロの次男を抱っこし、傘をさし、「一体どこまで、いつまでついて行けばいいんだ…。これからまた雨の中を戻らないといけない。戻っても急いで長男を幼稚園バスに乗せ、次男の幼稚園(週に2回9時~14時まで通わせることにしました)の準備(弁当持参です)がある…。」

いろんな思いがよぎり、悲しいような情けないような気持ちがしました

すんなり小学校生活を送っている家庭もあると思います。正直いいな~と思います。





娘を通して私が学ばせてもらっている

でもこれは私に訪れた試練。娘とのやりとりを通してたくさんのことを学ばせてもらっているんだと思います。

乗り越えられない困難は訪れない

教師だった頃は、親が甘えさせすぎるのはよくないと思っていましたが、実際に親となるとそうばかりも言ってられません。大切なわが子、心配だし、一人ひとり対応の仕方も違う。

正解なんてないし、そこから子どもたちが何を学ぶのかだって分からない。
(実は、なりたくてなった教師ですが、小学生の頃学校が好きだったわけではありません。むしろその逆。)

関連記事:





長男は本当によく泣く子で、年少の時はバスに乗るとき1学期も2学期も、3学期だって泣いた日もありました。でも年中になってからは毎日ハツラツと通っています^^


本当はブログなんて書いている場合じゃないかもしれませんが、同じ悩みを抱える誰かの何かの役に立てればと思いました。





冷静に考えてみる

友達関係が以前はうまく築けなかった娘。今では友達に譲ったり仲良く遊ぶことができています。小学校でも、「また新しいお友達できたよ!お友達優しくしてくれる♪」と笑顔で話してくれます^^

とても成長しているではないか!!!

小学校に入ってまだ2週間、不安なのも当たり前。

幼稚園に入園したときは泣きませんでした。普段から泣かない子で、もしかすると私が自分のことでいっぱいいっぱいで甘えさせてあげられなかったのかもしれません…。

今は悲しいこと、嫌なことがあると泣いて伝えてくれるようになりました。自分の気持ちを素直に表現できるってことは、もしかしたらいいことなのかな?^^

どんなに考えても答えは出ないけれど、もし私が子どもだったら安心するまでついてきてもらいたい

行け!!と強い口調で言われたら行くかもしれないけれど、何か違う気がする…。


さっきまで明日は突き放した方がいいかな、今度は強く言ってみようかと考えていましたが、心が落ち着きました。





友人と母に電話をしてみると

実は先ほど、2年生の子を持つ友人と実家の母に電話をしました。


友人も昨年同じ思いをしたそうです。数日泣き、車で送ったこともあるそうです。「きっと不安なんだよ~。母親の都合を話すのはいいけれど、まずは安心させてから。でも下の子いると大変だよねT_T」と。


また熊本に住んでいる母に電話をし、私の一年生の時の様子を聞いてみると、夏休み明けに数日泣いていたそうです。しばらく同じ登校班の6年生の家まで送っていたと。

覚えていませんでした。でもやっぱりそれを聞いて嬉しかった。送ってくれていたんだと。

いつもは優柔不断な母ですが、今日はきっぱり「安心するまでついていった方がいい。不安なのを無理に行かせるよりも安心して自然と離れていけるようになるのがいいよ。」と言ってくれました。





私の決意

一人で淡々と登校している一年生を見ると、どうしてうちの子は?と思ってしまうけれど人は人!

娘を信じて見守ろうと思います! (*^_^*)




こちらもどうぞ:



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村