現在小1の娘。いつからか、夜布団に入ると、その日あったことをあれこれしゃべり出すようになりました。

嬉しかったこと、嫌だったこと…

もともとおとなしい方ではなく、日中もあれこれしゃべっているのですが、
布団の中で静かな雰囲気になると、落ち着いていろんなことを思い出したり、考えたりするのでしょう。
その前に、誰が私の隣に寝るだの、お茶飲みたいだの…ひと悶着あります(-_-;)

いつもだいたい私が話を聞き、内容によってはアドバイスするといった感じです。


そこで先日、「ああ、これまで悲しくて泣いたことも、ちゃんと子どもの力になっているんだ」と思ったことがあったので、記事にします。






2学期に娘が泣いたこと2つ

以前記事にした、この2つの内容を覚えていますか?


〇前日の下校時の出来事がきっかけで、朝「怖いー」と泣き出し、私と一緒に登校して先生に話をしたこと:


〇習い事のスイミングで怖い思いをし、先生にそのことを伝えたこと:


私は、目の前に起こったことを現実と捉え、自分にできることをする。
そんなふうに行動しました。

しかし、これらの出来事を、娘がどう受け止め、どう思っていたのかは分かりませんでした。






先日の出来事

先日、いつものように布団に入って話をしたときのこと。

詳細は省きますが、ある男の子がいろいろ言ってくるのが嫌で「学校行きたくない」と言うのです。

ここまで言うのも珍しいな~と思い、話を聞いていました。


私は「そっか~」と共感した上で、2学期の話をしました。

・学校に行き、先生に伝えたことで、その後話をしてもらい、解決したこと。

・スイミングも、行って、嫌なことを伝えたからこそ、改善したこと。

「(娘が、何かしら)行動したからこそ」よい方向へ変わったんだ、ということを伝えました。

すると、それを聞いた娘は大きく頷きました。
「(前のこと、解決して)いい気持ちになったよ」と教えてくれました^^


それを聞いて、私は「ああ、子どもは一つ一つ着実に学んでいるんだ」と感じました。

心は目には見えないので、何も変化していないように見えますが、
経験したことはしっかりと子どもの力になっている!


その上で、私は「じゃあさ、今度も何かやってみよう!先生に言うこともできるし、ママが連絡帳に書いてもいいよ。自分でやめてって言えるならそれもいいと思う。まだ何もやってないから、とにかく何かやってみよう!」と伝えました。

すると娘はこくんと頷き、翌朝は特に何も言うことなく、家を出て行きました。
帰ってきてから「どうだった?」と聞くと、「まあね~」と(笑)


FullSizeRender
秋ごろの写真。
娘はよく、学校帰りに道端で花を摘んできてくれます^^






子どもたちに伝えたいこと

子どもたちに伝えたいことはたくさんありますが、
その一つが「行動することによってのみ物事は変わる」ということです。


四年生を担任していた時、ある女の子がこんな言葉をくれました。

「やらなきゃはじまらない!」

とても素敵な言葉で、習字の上手い先生に大きく書いてもらい、当時教室に貼っていました。
今も、実家の旧私の部屋に貼ってあります(笑)


これから生きていく中で、きっといくつもの試練があるでしょう。(もちろん私も。)

そんなとき、ただ嘆くのではなく、とにかく何かやってみる。

やって失敗に終わることもあるかもしれませんが、それでも何もやらないこととは違う。


日頃の些細なやり取りの中でも、子どもたちにそれを伝えていくことはできるのだと、今回のことで強く思いました。


FullSizeRender
先週末、久しぶりに家族みんなで道の駅へ。
いつもは私一人で行きますが、その後用事があったため、みんなで。
これからいろんなことがあると思うけれど、一緒に乗り越えてゆこう!





おわりに

機嫌よく生きたい!と思って日々過ごしていますが、

大変でない日はありませんし、
イライラすることももちろんあります。
怒鳴る一歩寸前のことだってよくあります(笑)
たまには大声出します!人間だもの仕方がない♪ほんと葛藤の連続です!
もー!!!と思うことだってしょっちゅう。


でも、そんな中でも、
子どもはちゃんと学んでいるのです!


心の成長は目に見えないだけに、本当に届いているのかな?と思うこともよくありますが、
大人が一生懸命関わったことは、子どもにちゃんと伝わっています。

悲しくて泣いたことも、子どもはひとつひとつ力に変えているのだと感じました。


子どもの力を信じ、これからも粘り強く関わっていこう。
そう決意した出来事でした。






こちらもどうぞ:








お読みいただきありがとうございました。

クリック嬉しいです♪