昨日、熊本から自宅(福岡)へ戻ってきました!


その前の晩1月4日の夜8時ごろ、私のスマホ(iPhone)が紛失するという出来事が起こりました。


晩御飯の片付けが終わり、さあ見ようとすると、

ない!!!


どんなに探しても

ない!!!


「iPhoneを探す」という機能があることは知っていましたが、
よく分からない…。


自信をもって言うことではありませんが、
私はiPhoneを使いこなせていない自信があります!!(笑)
(iPhoneの機能のうち1割ほどしか使ってないと思います。)


その日は午後から親戚の家を訪ねたり、お墓参りをしたり、帰りにスーパーに寄ったり。

途中ちょこちょこスマホを見ていて、
家に帰っても操作した気がしていたので、
なくなったなんて思ってもいませんでした。
(人の記憶って曖昧。数時間前のことなのに、絶対こう!と言い切れないのです…)


最後に触ったであろうスーパーの駐車場(家から車で15分ほどの距離)に確認に行くも、なし。

警察署に電話で確認するも、なし。

最後の望みは、駐車場で拾った人がお店に届けていること。


翌日、お店が開いたら電話するつもりで、
同時に最悪の場合も考えていました。

・盗まれて戻ってこない。

・悪用される。


しかし、そんな状況でも心は穏やかで、改めて大切なことを確認できました。




分かってもらえる人に分かってもらえたらいい。

スマホがなくなってはじめに思ったことは、
「ブログやTwitterにログインされて変な書き込みされるんではないか?」ということ。

もっと他に心配した方がいいことがあるのかもしれませんが、なぜか真っ先に思い浮かんだのはそのことでした(笑)


でも、同時に思ったのです。

もし誰かが私のアカウントを使って変な書き込みをしたとしても、分かる人にはきっと分かる。

全ての人に分かってもらえなくても、分かってくれる人に分かってもらえたらいい。


焦る気持ちはありませんでした。





スマホがなくなっても、私や家族は何も変わらない。

何より、スマホがなくなっても‟私”という存在は何も変わりません。

今ここに元気にいる、それだけで十分だと思いました。


また、夫や子どもたちも元気。それに勝るものなんてありません。

スマホで撮った家族写真や動画が見られなくなるかもしれないけれど、今ここに生きていることの方が比べ物にならないくらい大切です。

少しの間不便になり、手続きなど面倒そうだなとは思いましたが、家族の無事と比べるととても小さなことです。


だから、もし戻ってこなかったら、それはそれで仕方ないこと!

そう思いました。

FullSizeRender
1月4日午前中の様子。
まさかこの後スマホがなくなるなんて!





以前、スマホアプリ「ライン」が消えたときのこと

小さな子どもがいると、スマホを勝手にいじって誰かに電話をかけていたというのはよくあること。


三年ほど前のことだったでしょうか。

子どもがスマホを触り、ラインのアプリを消したことがありました。

・これまでの会話が見れない!

・写真が見れない!

一体何をしてくれるんだ!!!と、どうしようもないことに怒りを覚えたことがあります。


でも、その後の生活は、何も変わらなかったのです!

困ることなんて、一つもありませんでした。


その後も同じようなことが何度かありましたが、
二回目以降は「ああ消したのね!はい、再インストール♪」といった感じです。
(トーク履歴や写真を復活させる方法もあるようですが、私には必要ありません。消えたら消えた、それまで!)





おわりに。

私のスマホ、翌朝見つかったのです!!!

どこにあったと思いますか?


何と、帰省していた妹が、自分のものだと思って、飲み会に持って行っていたのです(≧▽≦)!!

夜中の1時半頃、iPhoneが2台あることに気づき、周りに聞くもみんな知らない…。

自分のスマホを見ると、私が母のスマホを借りて打った「スマホなくなった」のラインが(゚д゚)!!!

慌てて私のスマホの着信履歴にあった父へ電話をしたようです。


父からすると、
こんな時間に行方不明の私のスマホから着信!
誰からだ!?
とビックリしたようですヾ(≧▽≦)ノ。


私は夢の中でした(笑)


翌朝私は、ウケる~と大笑い ☆

見つかってよかったです(*´▽`*)


・例えモノがなくなったとしても、‟自分”という存在は変わらない。

・スマホがどうにかなっても、繋がる人とは繋がるし、縁が切れるようならそれまで。

・命より大切なものはない。

・モノに支配されない心はとても穏やか。


そんな大切なことを感じた出来事でした。






こちらもどうぞ:






お読みいただきありがとうございました。

にほんブログ村