帰省中、七五三用の着物をみるため、私の母・私・娘の3人で百貨店へ行きました。

そこで歩きながら、私も随分デパートの歩き方が変わったな~と感じました。

今考えると、以前はお金や時間をとても無駄にしていました。

・長い時間デパートに居たにもかかわらず満足する買い物ができなかった。
・頻繁に使わないものにお金を使い、もったいなかった。

同じデパートを歩くといっても、歩き方は人によって様々です。

私は知らず知らずのうちに以前のような歩き方のパターンを身に付け、何年もそれを繰り返していました。

でもお金の捉え方、モノの選び方などを学んでいった結果そこから抜け出すことができるようになりました。

以前とは変わった点4つをご紹介します。





1.目的地に直行する。

限られた時間内で満足度を上げるためには、目的の用事を済ませることが大切です。

それなのに以前は誘惑に負け、目的地にたどり着く前に時間・気力を消耗していました。目的のものを見る時間が少なくなったり、疲れていて適切な判断ができなかったり。

百貨店には素敵な洋服、キッチン雑貨、アクセサリー、バック…キラキラと輝くものがいっぱい(☆゚∀゚)!何とも贅沢な気分になります(´∀`)気が緩むとちょっとこれも!と寄り道しそうになります。もしかするとモノが多すぎたせいで、自分でも本当に何が必要か分かっていなかったのかもしれません。

今は目的のものがはっきりしているので、それに向かって突き進むことができます。今回の場合は七五三の着物をみるのがメイン。なのでまずここに直行しました。

済ませたい用事を一番終えることで、時間的なゆとり、心のゆとりが生まれます。

また、子連れならなおさら目的地に最初に行くことで、子どもの機嫌がよいうちに用事を済ませることができます。
(実際に初めは着物の試着を喜んでいた娘も、数着着ているともう嫌だと言っていました(笑)やっぱり最初でよかった!)





2.セールに興味なし!

着物を見終わり、休憩しようと喫茶店に行く途中に、婦人服の階を通りました。

たくさんのお店が並び、どこもセール品が目立つ場所に並べられていました。今はきっと底値だと思います。以前の私だったらちょっと待って!とそのコーナーから物色していたでしょう。

でもセールには行かない!というスタイルをとるようになって、見向きもしなくなりました。

関連記事:


これまでセールにかけていた膨大な時間・お金を、丸々次のシーズンの洋服選びに費やすことができるようになりました。






3.目線の向こうは先のシーズン!

セール品の洋服には興味がなくなった私の目線の先にあるもの。それは、これから先のシーズンの洋服たちです。

着るのはまだもうちょっと先であろう洋服をみながら、こんなのがあるんだ~とイメージを膨らませ、ゆっくりと考えることができます。色んなお店の洋服を比較することだってできます。

今回は短い時間だったのでお店に入ってじっくりみる時間はありませんでしたが、それでもいっか!と思えました。秋物の洋服たちをみながら、これからゆっくり選ぼう!とワクワクした気持ちになりました♪

ここでも、時間的なゆとり、心のゆとりが生まれます。また、余裕をもって商品を選ぶことは無駄遣いをしないことにもつながります。

服に限らず、必要なものを必要な時に慌てて買うのではなく、なるべく余裕を持って買いたいです。





4.休憩は本当に自分が行きたいところへ!

次男のお昼寝に合わせ夕方近くにデパートに行ったため、みんな少し疲れていました。着物を見終わりお茶でもしよう!

今日は(子どもは)長女一人なので、ゆっくり喫茶店に入りたい!そう思った私は、迷わず老舗の喫茶店をチョイス。娘がリクエストしたココアは700円という決して安くはないお店ですが、自分の気持ちに素直に従いました。
FullSizeRender

母はケーキセット(好きなケーキとコーヒー)、私はアップルパイとコーヒーを頼みました。
FullSizeRender

結果、大変癒されました!!!
ああこんなにゆっくり喫茶店に入れるようになったのね(*´▽`*)娘の成長に感動♪

これまでは、買い物がメインなのに、お昼ご飯やカフェにたくさんのお金を使うのは何だかもったいない気がしてケチっていました。少々出費が抑えられたからといって、それで心から満足できたかといえば…

今回の会計は3人分で2700円。アップルパイもコーヒーも美味しい!お店も落ち着いた雰囲気で素敵!店員さんも親切!居心地最高!大満足でした♪

少々値段が高くても、自分が本当に行きたいお店に入ることが私にとっては満足度が高いお金の使い方です。





まとめ

これまで染みついていたデパートでの時間やお金の使い方。

家に帰ると、疲れた~、ああ何でこんなの買っちゃったんだろ~と満足しないことが多かったです。

でもこれも一種の習慣

生まれつきデパートの歩き方が下手なのではなく、いつの間にか自分の中にインストールされたものなのです。少し考え方や行動を変えるだけでいくらでも変えることができます。





おわりに。

一時は、自分はダメダメ母ちゃんだと落ち込んでいた時期もあります。(今もたまに)

でも、人や本、経験から学び、自分の考え方や行動をより自分にとって満足するもの再インストールしていけば、人はいくらでも変わっていける!と確信しています。

生きている限り、自己啓発(自分を幸せにするための自己啓発)です^^




こちらもどうぞ:







お読みいただきありがとうございました(*´▽`*)

にほんブログ村