前回、食器を収納している引き出しをご紹介しました。

前回の記事:

今日は、その中でも使わない日はないというくらいお気に入りのボーダーフリーカップをご紹介します♪


食器を大量に断捨離すると、今の生活に合う、自分が心から好き!と思えるカップorマグカップがないことに気づきました。色々探してはいたものの、大きさ・デザイン・形、なかなかコレというものは見つかりませんでした。

しかし以前から好きだったインテリアショップに久しぶりに足を運んだ際、運命の出会いがありました。それがこのフリーカップ。

IMG_5752
見た瞬間、これが家にやってきたら~とワクワクしました♪

・この大きさ使いやすそう!
・フォルムが素敵!
・ボーダーでも強すぎないところがいい!

私の予想通り、現在使用頻度NO1の食器です^^

買ってから1年半くらいでしょうか。季節を通して使わない日はありません。

今日はそんな有田のボーダーフリーカップの魅力をお伝えします。





1 大きさがちょうどいい!

家でコーヒーや紅茶、緑茶などを飲むときは、大きめのカップでたっぷりと飲みたくなります。

そんな時このカップは、大きすぎず小さすぎず、本当にちょうどいいのです。

この大きさがあまりに使いやすく、グラスやマグカップを探すときはこの容量を参考にします。

FullSizeRender
半年ほど前に買ったティーマのマグとパラティッシのコーヒーカップ。
ティーマ(左)が容量250ml。
フリーカップ(中央)とパラティッシ(右)が容量300ml。

私にはこの大きさがちょうどいい。





2 デザインが素敵!

ボーダーといっても色々あります。このカップのボーダーは太くなく細い線がたくさんあります。
カップ自体の大きさはしっかりあるけれど、線は細く繊細。そのバランスが何とも魅力的です。

ただ置いているだけでも絵になる、見るたびに素敵だな~と感じます。
FullSizeRender
底のデザインもおしゃれ!






3 フォルムもいい!

上から下に行くにつれて細くなっている、スッキリした形です。デザインだけでなく、そのフォルムにも惹かれます。大きさがあるため安定感はしっかりあります。

また持った感じもいいです。
FullSizeRender
手にしっかりフィット。





4 材質が磁器で扱いやすい!

材質は、つるんとした“磁器”です。そのため、

・汚れがしっかり落ちる。
・電子レンジにかけられる。
・少々のことでは欠けない。

いいことづくめです。


以前は陶器ばかり持っていましたが、

・長く飲みものを入れているとシミになることがある。
(子どもが小さいとコーヒーを淹れての飲めずにそのままということもあります)
・熱々になるまで電子レンジにかけるのは心配
・磁器に比べて欠けやすい。

子どもたちが小さいわが家には合いません。
(実際にいくつも欠けたり割れたりしました(;´Д`))


陶器は温かみがあって好きですが、今の私には合いません。
(磁器は石もの、磁器は土もの)





5 厚みが程よい!

カップの厚みは、厚すぎず薄すぎずちょうどいいです。

薄いものは繊細で素敵ですが、今のわが家で普段使いするには心配です。反対に厚みがあると強度はありますが、どっしりしすぎるものは素敵!とは感じません。

いくら子どもがいても大好きなティータイム、妥協はできません(笑)

口当たりも優しいです。
FullSizeRender
重ねることも可能。





6 どんな飲み物にも合う!

これに合わない飲み物ある?!というくらい何にでも合います。

コーヒー、紅茶、チャイ、緑茶、ほうじ茶、ホットミルク、ココア…一年中使っています。アイスでもホットでもいい!主人はこれで焼酎の水割りを飲むこともあります。

アツアツの飲み物をたっぷり飲むときは持ち手があるマグカップの方が適しているかもしれませんが、ある程度厚みがあるため私はこれでじゃんじゃん飲んでいます。
FullSizeRender
ホットコーヒーもこれで何杯飲んだか分かりません。
夏はアイスカフェオレもよく飲みます。

FullSizeRender
もちろん緑茶も。





おわりに

モノを送ることには少々抵抗がある私ですが、少し前同じものを大切な友人に贈りました。その友人も同じように専業主婦として3人の子どもを育てています。

家にいてホッと一息つきたいとき、毎日使うカップがお気に入りだとその度に嬉しくなります^^

インテリアショップの店員さんも、これを自宅用に買ってから「毎朝これで緑茶を飲むのが日課」と言っていました^^





私が持っているのは青2つ。最初は赤と青を買いましたが、家に帰ったら同じ色がいい!と交換してもらいました(笑)

来客用にも使います。赤と青だと明らかに「私が赤で主人が青」とイメージでき、どちらを出すか悩みます(笑)今は、来客と言えば気心の知れた友人がほとんど。たっぷり入るこの器で飲み物を出すことも多く、同じ色2つでよかったな~と思います^^ちなみに店員さんは赤を使っているそうです♪


こちらもどうぞ:


お読みいただきありがとうございました。

にほんブログ村