今日は、私が “日々大切にしたい、忘れずにいたい”と思っていることについて書きます。

いつか記事にしたいなとは思っていましたが、なかなかそのタイミングがなく…

一昨日、郵便配達員の方が荷物を届けてくれ、改めてその大切さを感じました。





一昨日の出来事

家で一人でパソコンをしていると、玄関のインターホンがなりました。

郵便配達員の方でした。

翌日に届くと思っていたのに、まさか今日届けてくれるなんて…

雨の中、3つもダンボールを届けてくれ、お礼を言いました。





嬉しかったこと

帰り際に、郵便配達員の方から嬉しい一言が。

「いつも玄関に(荷物を)置かせてもらってありがとうございます」と。

私が配達員だったら不在だとがっかりするなという思いから、荷物が届く予定があり不在にするときは、メモを玄関に貼って出かけます。

いつもよく利用している配達業者とは別で、この方の顔は覚えていませんでした。

そんな方へもこちらの想いが伝わっていたんだと分かり、とても嬉しかったです。


FullSizeRender
日頃は靴箱の扉の裏にマスキングテープで貼っています。
使用するときはそのまま玄関の扉に貼り付けます。
実家からの荷物には、伝票に“不在の時は玄関前に”というメモを添えてもらいます。





私がぜひ伝えたいこと

それは、ありがとう!助かった!嬉しい!などと思ったら、それを“言葉で相手に伝える”ということ。

どんなに心の中で思っていたとしても、その気持ちは相手には十分伝わっていないかもしれません。

今回も配達員さんが言葉にして伝えてくれたおかげで、私がやってることが少しは役に立っているんだな と気づくことができました。





教員をしていた頃も

私が小学校で担任をしていた時、子どもたちによく言っていたことがあります。

それは“伝えないと伝わらない”ということ。

嬉しかったら相手に伝えよう。
相手も嬉しくなるよ!と。

保護者へも、懇談会や学級通信等で「子どもの頑張りを直接子どもへ伝えてほしい!」と言っていました。

子どもたちには、そんないい雰囲気の中で成長していってほしい…


現代はネット社会。
“コミュニケーションの希薄化” “ネットでの誹謗中傷”など様々な問題が取り上げられています。

便利な面もたくさんありますが、生身の人間の触れ合いは無くすことのできないもの。

『自分の想いは言葉にして相手に伝えないと上手く伝わらない』ということは覚えてもらいたいことです。





ありがとうを伝えられて嫌な人はいない

ありがとうを伝えられて嫌な人がいますか?

私は感謝の気持ちを伝えてもらったら嬉しいですし、それで初めて相手の気持ちを知ることもあります。

嬉しい気持ちを伝えると自分もハッピー、相手もハッピー♪

よい循環の中に自分を置くことができます。

まずは自分から家族や友人、身近な人に感謝の気持ちを伝えてみましょう。
何かが変わるはずです^^





こちらもどうぞ:


お読みいただきありがとうございました。
誰かの温かいクリック、励みになっています^^
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村