毎日大変暑い日が続いています。
そんな毎日を少しでも快適に過ごすため、私が平日の家事着にしているTシャツ3枚。
そのうち2枚がセントジェームスのもので色・柄違いです。
IMG_5297
右の2枚がセントジェームス。
左の白のTシャツはGood Onのもので昨年からのもの。
5年間着れるTシャツとのことで買いましたが、そんなには着ないかな(笑)
でも首元の伸びなどはなく、生地も気持ちいい。
次、白Tシャツを買うなら、やっぱりセントジェームスにします。


昨年1枚だけセントジェームスのホワイト×ネイビーのボーダーTシャツを買い、それがあまりによかったので、今年ブラックとホワイト×ブラックのボーダー2枚を買いました。(右の2枚)


基本的にはその2枚を交互に着て、たまに白のTシャツを着るといった感じです。


今日は、Tシャツならば絶対にこれ!というくらい愛用している、セントジェームスのTシャツの魅力をお伝えします。





魅力1 生地が薄くて気持ちいい

ここまで毎日暑いと、生地が厚い服は手に取らなくなります。


その点、セントジェームスのTシャツは生地が薄く、綿100%。
とても着心地がいいです。
(生地が薄いシリーズもあります)


何度洗濯してもよれることなく薄いながらもその強さに驚いています。


私が着ている生地の薄いシリーズは“PIRIACピリアック”。

IMG_5301
今年、同時に買った2枚。
同じように着て洗濯も同じくらいなのに、ホワイト×ブラックのボーダーの方だけ裾がめくりあがります。
ブラックの方が生地がしっかりしている感じです。





魅力2 首は詰まり気味のボートネック

首が開き過ぎたデザインだとインナーが見えてしまいますが、その点も大丈夫。


ボートネックにもいろいろありますが、これまで着たボートネックの中では一番詰まっていて自分好みです。

FullSizeRender
ボトムスは秋・冬・春はジーンズですが、真夏はスカート。
これにかなう涼しさはありません。
2日に1回はこの格好(笑)





魅力3 袖が短かすぎない

袖は5分袖。
短すぎないので脇も見えず、着ていて安心感があります。
それでいてほどよいゆとりもあり、暑くありません。シルエットも絶妙。


ピリアックのシリーズには他にも7分袖があり、ホワイト×ブラックのボーダーを1枚持っています。





魅力4 乾燥機にかけられる

私は毎回ドラム式洗濯機で乾燥までかけていますが、しわにはなりません。


頻繁に着るものは手軽に手入れできないと着なくなってしまいますが、その点も大丈夫。


ただ、普通に洗濯してもかなり縮みます‼
昨年縦型洗濯機を使っていた時もそうだったので乾燥によるものではありません。


5分袖も7分袖も、購入した時よりも随分縮んだのでその点はよく考えて購入する必要があります。





魅力5 お出かけ着としても使える

もともとセントジェームスといえばお出かけ着としても十分なもの。


ボトムスだけを替えて出かけることもしばしば。


食材の買い出しやちょっとした用事などはこれで済ませてしまいます。
FullSizeRender
夏のお出かけ着のボトムス(パンツ2つ、スカート1つ)のうちの1つ、グレーのパンツ。
(以前お直しに出したもの。KIFFEのもの。)


FullSizeRender
お出かけ着唯一のスカート。イエナのもの。
これでよく週末の道の駅の買い物に行きます。





おわりに

暑すぎる時は、襟やボタンなどをそぎ落としたシンプルなTシャツが一番です。その中でも着心地のいい、デザインのよいものを選べば気分の上がる家事着としてもちょっとしたお出かけ着としても重宝します。


私には今のところセントジェームスが一番。


たくさんTシャツを用意するのもいいですが、本当にお気に入りのものを2~3枚用意すれば毎日気分よくいられれます。


お気に入りのものを着て、暑い夏を少しでも楽しく乗り切りましょう(*´∇`*)